FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペアリング予定

毎年の事ですがペアリングの悩みは尽きませんね。

飼育頭数の限度もありますのでライン数も減らしました。
通常羽化♀、早期羽化♀、使いたいのに使えない…苦渋の決断ですね。

仮ではありますが掛け合わせを決めましたので、2019年度系統図(仮)を更新しました。
早いものは来月からペアリングを始めたいと思っていますが、♂または♀の具合によっては変更させて頂く可能性も有ります。


♂88が2頭と♀も予備で少しは残しておきますので、何とか予定数400頭ほどの幼虫を採りたいところです。


2018年ブリードの方は最低温度から少し上げたところです。
それではまた!
スポンサーサイト

レコード更新ならず

ハスタート・モイニエリ
参考として、ビークワ・飼育レコードは、2006年の77.5mm。

今期のブリードは、昨年のビークワ・♀レコード個体からでしたので、密かに期待もしていましたし真剣に取り組んだつもりでした。
自己計測のノギス数値は77.90~78.00mmでした。あと0.1mm=78.00~78.10mm表示だったら申請だけでもと思えたのですが、残念ながら申請基準の0.5mm更新に至らないので、神長さんへ画像を送りまして「神長きのこ園・店長日記」に載せて頂きました(^^)

悔しいので今年も継続しようと思います。
新しい血(系統)を導入していないのでインラインで行くしかないですね。

画像個体の同腹♂の余品が出まして、昨年のうちに数頭だけオークションへ♂単品で出品させて頂いたのですが、有難いことに〇ークワ誌面でもお見掛けします方(他種にて現レコードホルダー様など)にもご落札頂けました。ハスタートは熱い事になってきました!(笑)
2019年のハスタートブリードは何処かでレコードが更新される予感が致します。


頑張らねば!

_20190106_212937.jpg

[ 2019/01/20 13:16 ] Prosopocoilus ハスタート | TB(0) | CM(2)

管理表を更新しました

オオクワガタ
3本目への交換を済ませブリードデータも更新しております。
有ってはならんのですが、入力ミスも有るかも^_^;
重大な事は気が付いた時に、軽微な事は羽化後の修正にて対応させて頂きたいと思います。
また、一部産卵の遅かった個体については変則的となっています。

デカいのも居ましたし30gほども居ましたので、まあまあとしか言葉が見当たりません。
カンタケだから良い悪いというのは感じていませんで、結局は昨年までと変りなく喰える奴は喰える・・・ しかし、これではブリーダーとして情けない。何か閃かないかな~(笑)
まあ、羽化しなければ無意味なので羽化してから振り返りたいと思います。

ツイッターではご紹介済みですが、
デカいのと二番手の2頭だけ載せておきます。


能勢YG血統 1812ライン
1812-02 (640x640)




能勢YG血統 1813ライン
1813-06 (640x640)



さて本日は大晦日、明日には平成最後の元旦を迎える訳ですが、何かしら寂しさを覚えます。昭和から平成へ変わった時にはそうも感じなかったのですが、まあ歳なんですかね。 寂しさを噛みしめるように新たな年を迎えゆっくりしたいと思います。


今年も一年間、拙いブログにお付き合いくださり有難う御座いました。
どうぞ良い年をお迎えください(^^)

羽化してます~ フルストルファーオウゴンオニ

フルストルファーオウゴンオニ

先日からボチボチと羽化しております。

DSC_4816 (620x466)
ボトル底に蛹室を作ったものは念のため救出しました。




DSC_4901 (640x481)
今現在の状況です、♂だらけ^_^;

画像には写ってませんが、♀が1頭だけ羽化してきました。
何頭残っているのかは数えていませんが、前蛹~蛹になっている様なのでもう少し♀を増やして欲しいですね。



スタート時は42頭、6頭はイベントで里子に旅立ちまして、ミスも有り途中で落ちた幼虫も。。。
何頭の飼育になっているのか数えては居ませんが、羽化が終わってから総括したいと思います。
[ 2018/12/01 01:51 ] Allotopus フルストルファーオウゴンオニ | TB(-) | CM(-)

管理表を載せました~オオクワ

こんばんは。

オオクワガタ、産卵が遅かったものを除き2本目への交換は終了しております。今年は立て続けの自然災害もあり落ち着く時間もなく、虫の作業はしているもののダラダラとしておりました。


このままでは気がつくと3本目交換へ突入しそうなので、重い腰をあげ管理表を作りまして載せました。 何度も確認はしまして間違いないつもりでいますが、誤りに気付いた時は修正しますのでよろしくお願いいたします。尚、1806ラインは1本目へ入れたのが遅い個体もあり未だ2本目へ交換していないのがおりまして、出揃いましてから個体番号を確定したいと思います。




写真はあまり撮っていませんでして、♂♀各1頭だけの紹介でご容赦くださいませ。


能勢YG血統 1812-♂40.4g
1812 (532x620)



能勢YG血統 1806-♀27.2g
1806 (565x620)


♂の40gupは他に2頭ほどだったと思います、♀については20gを超える個体が何頭もいまして、当方では珍しい事なのでこれも補強のお陰と喜んでいるところです。上の27.2gは♂??とチン線まで確認しましたがどうやら♀の様です、驚きました! もう♂を追い抜きそうな体重です(笑)


年内には3本目へ交換するかな、そんな感じです。
では失礼します(^^)