FC2ブログ

今更ですが1頭追加します

オオクワガタ 2017年度飼育は終了したのですが、87mm管理だった個体を測りなおしますとギリ88mmありまして、来年に使う可能性が出てきたので更新しておきます(汗)


能勢YG血統 1704-12 88.0mmDSC_4281 (640x478)

この個体を合わせ
CMっぽく言うと、「ほぼ」完品の88mm台が8頭(うち完品は7頭)も羽化してくれました(^^)
そんな2017年度のブリードでした。
ま、世間さまのような90mm完品なんて微塵も見えませんが、もう暫く頑張ります!



しかし測り直すと怖いですね、
前回だったか画像を載せました、1704-15 87.9mm 
これ… 顎先欠けて87.5mmほどに(汗)



他にも使わないであろう86.0mm管理(羽化1ヶ月後計測時86.2mm)の個体も、オークションへと約1ヶ月ぶりに測ると85.8mmほどに… いつもそうですが顎先~(笑)
羽化から3ヶ月あたりまでに差異を確認した場合はブリードデータを修正しますね、それ以降は元々はこのサイズでしたで良いのかな? どうでしょう(笑)
スポンサーサイト

暴れボトルの交換 ~フルストルファーオウゴンオニ

フルストルファーオウゴンオニ、飼育は継続出来ています(笑)


今頃になってからですが、孵化成績は
2018Aライン=CBF2♂×CBF2♀からは30頭
2018Bライン=CBF2♂×Wild♀からは12頭
の幼虫をそれぞれ得ました!
※この種としては採れた方らしい

Bラインの方は持ち腹では孵化しなかったので追いかけしております。


孵化後は200ccほどのカワラ菌糸プリカへ入れまして、2令になってから800ボトルへ移しました…が、ざっと1割ほどが溺死しているようでして観察管理不足と反省しております。


本日はそのうち暴れだしたボトルがありましたので交換してみました↓


DSC_4282 (640x640)

ギネス個体の幼虫体重には届いていませんが、貴重種ですし元気で有ったことを良しとします。
Eカワラ⇒Eカワラ

採れてます ~シネンシスコクワ

Wild シネンシスコクワの産卵セットに幼虫が見えたので割出しました。



DSC_4265 (640x479)

実は今回は2回目の産卵セットでして、自分で詰めた菌床産卵を試してみまして結果は12頭でした。


最初の産卵セットは通常のコクワ仕様でして20頭採れてます、何でも産むようです(笑)



このシネンシスコクワ(チュウゴクコクワ・原名亜種)、雲南省麗江市産Wild ♂42mm ♀28mm 材割り採集と聞いておりますが、ビークワ68号(P.17)に記載の分布と少し違うんですよね。 採り子がアバウトな採集地を記載しただけで実際に採れた場所は少し違うのでしょうね。Wild♂42mmの画像をもう一度載せておきますので、ご興味をお持ちの方は誌面と見比べてください(笑)

※採集地だけで言えば、誌面中段左端・雲南省北部の♂と同亜種って事なのですが違いますよね、採集地を知られたくないから採り子が少し加減したのかな?

DSC_4273 (640x640)

2017年度・ブリードデータを更新しました

主だった個体は再計測も終えましたので大凡間違いないかと思うのですが、何か気が付いた時には修正いたします。

B品については程度により、〇〇B・★と表記しております。 また私見ですが完品~A’品については表記による区別はしておりませんので、気になる個体が御座いましたらお手数ですがその都度お問い合わせください。 やって居られる方はご理解いただける部分ですが羽化後の管理下において♂の顎先欠けや摩耗によるサイズダウンについては、その都度に対応したいと思います。

事前にご予約くださっている方へは順に連絡をいれさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

オオクワ羽化報告・2017年度終了

オオクワガタの羽化ボトル、全ての掘り出しを終えました。

前回の887を超える完品個体は出ませんでしたが、88ミリ台を2頭追加出来ました。
ツイッターでご紹介済みの個体も居ますが記録として残しておきたいと思います。




能勢YG血統 1707-03 88.4mm
DSC_4075 (640x478)



能勢YG血統 1710-12 88.6mm
DSC_4064 (640x478)






次は87mm台とB品になります、使う可能性が有るので載せておきます。



能勢YG血統 1704-15 87.9mm
DSC_4094 (640x483)



能勢YG血統 1713-01 87.4mm
DSC_4091 (640x479)



能勢YG血統 1704-04 889B
DSC_4038 (640x478)



能勢YG血統 1706-18 900B
DSC_4032 (640x479)



能勢YG血統 1707-01 910B
_20180706_205346 (640x480)




2017年度は完品88mm台が6頭も羽化してくれ、はて?
カンタケ菌糸と毎年ながら血統力のお陰ですね~ 感謝


不全個体も当然居ますが昨年よりは減ったように感じますし、今期はこれで良かったのだろうと思います。ただ89以上(完品)は出ませんでしたね、2本目トラブルの影響も有り減量方向へ作用したから? だから88完品が出た? トラブって無かったら特大が出たかもだけど不全の嵐だった? と早速に頭の中は尽きることなくグルグルしてます(笑)



さあ、2018年度も同時にスタートしていますが、正確な頭数は整理出来てません。400頭ほどだと思います。
目標は1mmサイズアップ、89mm台完品を複数からのポンと1頭が90.5mm!  そんなに上手く行きませんかね^_^;



そんな目標達成の為にはこのままではいけないのはハッキリしてます。良く言われている還元率ってのも考えていかないとですが、蛹体重で1g上げようと思ったら幼虫では1.5gほどですか? そんな幼虫を沢山育てて完品で羽化してもらわないとですね。


管理表の更新はまだ暫くかかります、22日あたりまでには終わらせたいと思ってます。
2017年度・飼育記はこれにて終わりになります、有難う御座いました。