涼しくなってきたので常温発送するが、注意点。

生体をお届けする際、クール便だと冷えすぎないように工夫したりしてます。大抵は大丈夫なのですが、極稀に顎ズレ(麻痺)してみたり、翅が開いたり、時にはお尻が収まってなかったり・・・ 完品個体をクール便で発送した時ですが極稀に生体にトラブルが発生する事が有ります。2~3日間様子を見て頂くと大抵は元通りに治りますが、顎ズレ(麻痺)は治らない事が多い様に思います、どうですか?
 

ところで、近頃は暑さも和らぎ朝夕は寒いと感じる日もあります。荷物の発送もクール便から普通便へ変更しつつあります。そうなると気になるのが御不在だった場合の取り扱い、直射日光があたってないだろうか? センター止めの場合もエアコン環境(事務所など)室内で保管してもらえているのだろうか?

悩むならとこんなシールを作ってみました!


DSC_2996 (640x481)
生き物なので絶対はないのですが、万全でお届けしたいものです。


今月からは普通便の発送が増えてきますので、早速使ってみたいと思います、死着を含め問題なくお届け出来ますように。
スポンサーサイト
[ 2017/10/02 04:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

これって大きいの?

DSC_0766 (640x640)
オオクワではありません、故にカテゴリーは未分類。
ギラファノコギリの幼虫でして、うちに1頭だけ居ます。




DSC_0769 (640x379)
期待もせず菌糸ボトルを準備していませんでしたので、マットを詰めた小ケースへ入ってもらいました。




そもそもは昨年の出来事
ヨツボシヒナカブトの成虫数ペアを業者さんへ卸した際に、ふと目につき衝動買いしたものです、数百円でした。





DSC_2510 (640x360)
2016年11月23日に購入したようです。






DSC_2521 (640x360)
購入と同時に神長さんのS3M・120プリカへ入れたようです、既に2令になってました。


その後、ブリードルームの降温~昇温の管理下、プリカの中で暴れている3令♂幼虫を2017年3月6日にオオクワで余っていたレビンG・PP1400へ入れ替えました。残りの1頭はプリカに食痕もなく消えていました。



5月に入って暴れているのに気付いてはいたのですが、オオクワの産卵セットなどで忙しく本日まで放置しておりました。
そこそこ大きいのでしょうか?


このレビンGって使いやすいですね。
クワガタ飼育にはオオクワの余り菌糸を使う事が多いのですが、S3に入れたスジブトヒラタはあまり大きく成らず早期羽化、GT34に入れたホペイやクルビデンスは1本目は大きく成ったのですが、2本目以降は具合が悪い感じ、ただ偶然レビンGに入れたクルビデンスの幼虫は37gになってました、S3カンタケに入れ替え期待していたのですが1ヶ月も経たず暴れ29gへの大減量、全く喰えなかったみたいです(笑)



今期、オオクワ以外はレビンGを多用しようかな。
いや、ブナが喰い易いのだとしたら、三階松さんのGT555も期待できるのかも。
兎に角、高タンパクを謳っている菌糸は避けた方が良さそうな気がする。
[ 2017/05/09 01:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

虫も5年

こんばんは。
羽化個体の露天掘りは我慢してます・・・よ。

そこで、初登場の我家のニジイロちゃんの紹介です。

DSC_1845 (640x360)

親♂(ダークレッド)×親♀(当時のギネス直仔)から羽化した個体です。
サイズは43mmほどです。同腹♀は41mm以上の成績で大きかったです。
♂の羽化個体は最大で65mmほどだったと記憶してます。62~64mmぐらいが多かったかな。
色も上手く混ざってるでしょ! ノーマル色よりは赤いです。

そして何より、当時のギネス直仔は神長さんから幼虫で譲ってもらいました。
そうです、元ギネスホルダーなんです、神長さん(^^)


本題はこっちじゃ無かったです^_^;

タイトルの「虫も5年」
このニジイロちゃん、羽化して丸5年を越えました。
フセツ? そんなのは2年程前に要らないから捨てました。

同腹♂は4年程まえに先立ち、1年前までは3姉妹が揃ってましたが、昨年の秋口に一人ぼっちになりました。
たま~に、介護してあげないと仰向けに寝てます。

食事は、連れて行ってあげないと食べません。

虫を見ても思います。
女性の生命力って・・・ 凄いですね!

ペアリングも産卵もさせていない事が長生きできた理由だと思います。
でも、たとえ寿命が短くなっても自分の命には限りがあるんだから子孫を残したかっただろうな・・・

このニジイロちゃんの人生(虫生?)から、人も学ぶことがあるように思います。なんちゃって
[ 2016/06/27 22:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

オフ会 in 大阪弁天町

こんばんは!

今夜は大阪の弁天町へオフ会に出かけて参りました(^^)
途中、割と近くのドルビーインセクトさんへ立ち寄りコバシャ小を大人買いしようと思ったらなんと在庫切れ。 5個しか買えませんでしたが、来店くださったのに申し訳ないと高価なオマケを頂戴し大満足!



さて、オフ会のメンバーは大人4人子供2人。

私はお会いするのは全く初めてのメンバーでしたが一瞬で打ち解け、クワネタから始まり楽しい時間を過ごさせて頂きました(^^)
いや~ほんまに~ おもしろすぎ(笑)


遠方よりお越しの方のうち・・・
さて誰だ?!

DSC_1485 (640x360)
ハンドルネーム:Yさん



ご旅行も兼ねてとの事でしたので詳しい内容は控えさせて頂きますが、勉強になり共感し、とにかく楽しかった。
有意義な時間が過ごせました、ブリード頑張らねば!
お誘いくださいましたKさん有難う御座いました(^^)/



他記事の返コメが滞っております^_^;
この後順次(笑)


ではお疲れ様です、おやすみなさい(^^)/
[ 2016/03/30 00:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

懐かしのパプキン

今は使っていないパソコンのデータを整理してると懐かしいパプキンの画像が残っていました。

カブトムシの採卵を我慢してまして更新する記事もないし、またパソコンのデータも消したいので一部ブログに載せておきます。


全て2010年頃の羽化個体だったように思います。



グラデーション系

20100417 005 (640x480)

20101014 043 (640x480)

綺麗な系統でした、表面と奥の色の違いが見る角度で微妙に変化しました。





ブラック系

20100407 003 (640x480)

201004070001 (640x480)

20100407 005 (640x480)

3頭とも同系統です、黒~紫の振れ幅でした。
真っ黒を目指してましたが・・・ 綺麗く無くなっていくように思いましたね^_^;





レッド系

120100407 001 (640x480)

うん、赤色です(笑)





レッドアイ

20100422 007 (640x480)

発色の追及、レッドアイの固定など血が濃くなると産みが悪かった記憶があります。


ブルー系も目指して累代しました。
青っぽい♂は作れましたが「真っ青」までは到達せず断念しました。



近頃は青い♂がオークションで入手出来るように伺ってます。
パプキンは累代が早く、真剣に飼育するとかなり忙しくなります(笑)
でも、いつか機会があればまた飼育してみたいと思います(^^)

以上、懐かしい思い出の個体の紹介でした。
[ 2016/03/11 19:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)