ブリード開始~ ペーニャ

レア種、ヨルゲンセン・ペーニャ
うちのはF6世代です、兄弟姉妹には幼虫をしているのも半数ほど居ますが、早い個体が4ペアほどが揃って羽化してくれましたので今期もブリードを開始しました!




DSC_2555 (640x479)
写真は9日のものでして、本日より産卵セットへ移しました。
めっちゃ可愛いカブトムシなので、次の世代(F7世代)へ繋げたい(^^)/
スポンサーサイト

あれ… 早くない? ~ヨルゲンセン

オオクワじゃないですよ~
クワノギスが壊れちゃって… その話はまた後日。

ヨルゲンセン・ペーニャが早くも羽化しました。
前回のマット交換がきっかけになったのかな?



DSC_0837 (640x360)

今のところ♂が2頭羽化しました、親より大きそうですがノギスが…(笑)
他の幼虫はと言うと大半が蛹化しておりブリードは継続できそうな感じです。




DSC_0839 (640x481)

屋外で撮影するとこんな感じです、ペーニャ亜種は流通量も少なく貴重だそうです。
ヨルゲンセン・ペーニャは毛深く毛色が白っぽいとのことですが、一般的なヨルゲンセン(ヨルゲンセン・ヨルゲンセン)を飼育した事がないので良く解りません。機会があれば飼育してみたいですね。








それと、クワカブ関連ではないですが

DSC_0846 (640x360)
先週末、草刈りをしていて野鳥のものと思われる卵を見つけました。
鶏の卵と大きさは殆ど同じ、見かける鳥と言えば「カモ」と「アオサギ」ぐらいですが一体何の卵だろう?



昨年も見つけ可哀そうだから草を刈らずにそっとしておきましたが、数日後に確認すると他の鳥に襲われたであろう残骸のみになってました。



今年は同じ失敗を繰り返さぬよう持ち帰りカイロで温めてます。 え? 私じゃないですよ、うちの家内が大切にしてます(笑)
ブログに書きながらふと思ったのですが、無事に孵化したとして… どうやって育てるつもりだろう? ま、子育ては任せておけばいいかな(笑)


私としては、この季節に草丈を伸ばすと卵を産むことに確信がもてたので早め早めの草刈りを心がけ、親鳥とご近所に迷惑をお掛けしないように。

マット交換~ ヨルゲンセン

オオクワの冬温度期間中、ショップさんへ避難させていたカブトムシの幼虫を少しづつブリードルームへ引っ越しさせてます。


ついでにヨルゲンセン・ペーニャのマット交換をしましたのでたまには更新をと。



DSC_0482 (640x640)
おお! なかなか立派な個体が出てきました。
昨年の10月下旬頃に初令で割出した幼虫でして、約4ヶ月経過していますがどんなものなのでしょう?
多分、順調なのかな? そう思っておきます(笑)





DSC_0485 (640x640)
こちらもあまり変わりないですね。




DSC_0484 (638x640)
ん? これはただの成長不良? いや、♀だと思っておきます!



他にも数頭交換しましたが大差ないので画像は無しです(笑)


初めて使うマットだったので心配していましたが順調なようなので安心しました。


オオクワの方は早いのは数日中に蛹化しそうな感じです。殆どの幼虫は蛹室作成中といったところです。

割り出し③~ヨルゲンセン

ヨルゲンセン・ペーニャの産卵セット(3回目)の割り出しをしました。





いつもの如くケースごとひっくり返しまして・・・

DSC_2437 (640x360)
おぉ~ 早速幼虫が出てきました!
って、ケースの底から確認できてましたが(笑)






DSC_2438 (640x360)
割と大きい初令幼虫がトントン拍子に現れますよ~嬉しい(^^)















DSC_2442 (640x360)
産卵期間:9/29~10/7 8日間
セット内容:コバシャ中ケース、マットは2回目セットの再使用でいつもは底から5cmほどは軽く詰めてたのを今回は割としっかり詰めました、上3cmほどはフワッと。


24℃管理にて11/18割り出し、初令幼虫17頭でした。
そのうち15頭は大きい初令幼虫(プリカへ白い印)、2頭は孵化後間もない初令幼虫(無印)でした。





有り難い事にペーニャもしっかり産んでくれて喜んでます。上手くいくと気持ち良いっすね(^^)
全頭飼育したいところですがワインセラーのキャパオーバーです^_^;
前回の産卵セットまでで自己飼育分の20頭を確保出来ていますので、丈夫そうな15頭(白い印)は余品になります… 本当に残念。



ヨルゲンセン ペーニャ
1回目産卵(6日間)
9頭+卵から1頭孵化

2回目産卵(5日間)
11頭+卵から1頭孵化

3回目産卵(8日間)
17頭

合計・幼虫39頭



次回割り出し予定の4回目の産卵セット中に親♀は息絶えましたので、幼虫の追加は難しいように思います。



幼虫達が羽化してくるまで暫く拝めないので親♂の画像を。
IMG_7145 (640x480)
ホントに全頭飼育したいなぁー

割り出し②~ヨルゲンセン

ヨルゲンセン・ペーニャの産卵セット(2回目)の割り出しをしました。





ケースごとひっくり返しまして・・・


DSC_2361 (640x360)
早々にコロっと1頭出てきました(^^)



ポロポロとマットの塊を崩していきますと・・・






DSC_2368 (640x360)
2頭目発見!!





更に崩して・・・






DSC_2370 (640x360)
DSC_2371 (640x360)

成果は
産卵期間:9/22~27 5日間
セット内容:コバシャ中ケース、ホビー倶楽部さんの産卵マットとドルクス佐賀さんの微粒子マットだっけか?を篩にかけ底から5cmほどは軽く詰めた、上3cmほどはフワッと。


24~25℃管理にて11/3割り出し、初令幼虫11頭・卵5個でした。
ワイルドの入荷も見込めない中、自己飼育数の目標である20頭は確保出来そうで一先ずホッとしました(^^)





ヨルゲンセン ペーニャ
1回目産卵(6日間)
9頭+卵から1頭孵化

2回目産卵(5日間)
11頭+5卵



4回目まで産卵セットしましたので楽しみです。
尚、親♂♀ともに10月下旬に他界しました。

7月下旬羽化との事でしたので3ヶ月(後食開始後2ヶ月)の寿命でした。