シネンシスコクワ 活動開始!

シネンシスコクワ・原名亜種 中国雲南省麗江市産Wild
もしかすると初入荷??


今年の3月20日の出来事、ふらっと行きつけのショップへ立ち寄ると店主さんが同定中。  ご縁ですかね、小さ目なのを1ペアなり(^^)


材割りらしく休眠中、GWに入り活動開始しましたのでボチボチとブリードしてみたいと思います。どんな産卵形態だろうか楽しみです(^^)/


DSC_3662 (640x640)文字入り

DSC_3667 (640x638)文字入り

上翅の赤い虫は映えますね!
スポンサーサイト

ヒペリオン 続々と蛹化

ヒペリオンssp ♂♀ともに蛹化が始まっています。
そのうち早めに羽化した♂を掘り出しました。


DSC_3488 (640x640) (2)
サイズは61ミリほどだったと思います。
デカくしたかったのですが、途中から他種にワインセラーを追われた格好となり満足な飼育は出来ませんでした。


ただ、この虫は以前は中々手が届かず思い入れの種でしたので完品羽化であることに満足してます。
実は0.5ミリほど尻が長い~


基本的にどの種もある程度はデカいのを狙いたい思いで有るところから、現状を考慮するとこの種も継続は難しいかなと思います。部屋自体の温度はオオクワガタに合わしているので、それぞれの種のステージ毎の理想と思われる温度帯を作るにはスペースやタイミングなどの面で限度があり、小さく羽化させてしまうぐらいなら断念するしか無いのかな… などと。

まあ、1週間程悩んでみます(^^)

クルビデンス始動!

ブータンクルビデンスのペアリングを始めました。
昨年羽化した♂75ミリ、サイズが出せなかったので累代しないつもりでしたが、顎の張り出しが格好いいので少しだけやってみたいと思います。


DSC_3390 (640x480)


クルビデンス飼育の現状
2017年度はアルナーチャルの2産地とクルビsspとをブリードしまして現在は幼虫してます。今年度はインドクルビはシッキムのグームとガントク、カリンポン産を、それと今日のブータン・チュカを予定しております。


スペースの都合から沢山は出来ないので、各産地10頭までに抑えたいな。

種親確保!

ヒペリオン… このカテ… 初でしたね^_^;

♂と♀、羽化ズレせずに揃って羽化しました!


DSC_3146 (640x639)


DSC_3148 (640x640)

♂60ミリほど、ちょと小さいです(笑)

ヒペリオンヒラタクワガタ
インド・ナガランド州ナガヒルズ WF1

今年の5月末に5頭の初2令幼虫が届きまして、6月上旬に菌糸プリカ250ccへ(2令・17℃管理)、8月下旬に菌糸800ボトルへ(3令・18℃管理)、10月中旬に菌糸800ボトルへ(21℃管理)、12月中旬羽化です。

♀も12月上旬に1頭は羽化しております。今期はサイズよりも種親を確保出来たのでバッチリ(^^)


※♀は画像無しでご容赦ください。

今年のババクルビ

全く更新していませんでした、ごめんなさい。



ここまでのあらすじを・・・




昨年に使用済み♀を譲り受け、産卵セットするも4頭の割り出しとなりました(前回記事)。
その後、更新が無かったのは4頭とも♀でして面白くなく… ちゃんと羽化させましたよ(笑)


そして今年の夏に再セット、5頭ほど採れて♂が2頭!
今日、3本目へ交換しました。



DSC_3139 (640x640)

8月中旬に2令♂判別にて、レビンG800へ。 11月中旬に2本目へ交換、26g。 次回は2月頃を予定していましたが得意?の暴れの兆しが見え、急遽3本目へ交換と同時に降温しました。 さてどうなるか。



高額だったころに飼育したことも有りますが、その頃は暴れを抑える事が出来ずでした。 サイズもそうですが今回こそは暴れを抑える術を見つけたく飼育しております。  温度だとしか思えないのですが… 如何でしょうか。