羽化報告〆

2015年度の管理表を更新しました、と言っても幼虫15頭の管理表ですが(笑)


主にワイセラーでの飼育結果となります。
44g幼虫は残念ながら酷い不全で羽化後10日程で★になりました。簡単に言うと前胸から上は完品、下は・・・酷い不全です。 菌糸の状態は良好でしたが蛹室が小さかったですね。蛹室が万全なら完品羽化出来たのか・・・ 今となっては解らない部分です。  


大型幼虫→羽化不全(1頭だけね)を初めて経験した2015年飼育でした。 簡単に85㎜が羽化するのも初体験でした(笑)
如何にして大型幼虫を完品羽化させるか・・・ 思うところもあり改善して2016年飼育に生かしたいと思っていますが、その為には先ず大型幼虫を得なければ話になりません。 今私に出来る事は大丈夫と信じて幼虫の食事の邪魔をしないことでしょうか。



最後に残っていたSG血統♂の羽化をご報告し2015年飼育記を閉じたいと思います。
(♀が1頭幼虫してますが、そちらは放置プレイ中です)


DSC_1954 (640x427)
巷の羽化状況からすると、どうこう言うサイズでは無いので簡単に
3本目交換時39gからの大暴れ
5月に4本目へ交換(判断が遅かった)
→35g台へ減量となりました。



しかも

DSC_1966 (640x359)
しっぽ付き(翅が…)です^_^;
なんだかな~(笑)


気持ちは2016年飼育&2017年の構想に向いてますので凹んでないです。 だって2016年が私にとっての1年目だと思ってますので!マジで!(笑) 

一年生のM'sで~す♪ 皆さんよろしく~♫



さて、今年はビークワギネス更新はあるのでしょうか?
更新するには896以上ですか? 
凄いサイズですね^_^;
スポンサーサイト

羽化状況

羽化状況と言いましても、所詮15頭飼育です(笑)
そのうち♂は6頭でYG血統が2頭、SG血統が4頭です。


最初の羽化個体はSG血統でした

_20160707_120709 (640x360)
能勢SG血統 N1503-07
7/27 S8投入
10/20 S3 30.3g
1/15 S3カンタケ 34.2g
6/25 羽化

1週間も掛からずにお尻は収まりました(^^)
ガッチリとした個体で幅にいったようで勿体ない感じです。
皆さんには3週間は我慢するようにアドバイス頂きましたが… ごめんなさい^_^;



2頭目もSG血統からです

DSC_1892 (640x335)
能勢SG血統 N1503-03
7/27 S8投入
10/20 S3 28.2g
1/15 C-63 32.7g
4/30 B 29.7g(暴れ)
6/29羽化

両個体とも、まだ縮むとは思いますので仮計測です。
44g幼虫は先程羽化し始めたところです。

他にYG血統の2♂のうち1頭は★になってました。残り1頭も羽化してきましたが未だお尻が少し出てます、収まらないかもです。

一先ず、こんな状況です。
今年は少なくて良いけど、来年はどうなるんだ? 怖すぎる^_^;

羽化が始まりました

こんばんは。
昨晩「2016年度 飼育記」の記事に画像添付しました蛹が、見込通り羽化しました。

DSC_1831 (640x360)

能勢SG血統 N1503-07
7/27 S8投入
10/20 S3 30.3g
1/15 S3カンタケ 34.2g
6/25 羽化

上翅は閉じているようで下半身は完品ですかね。どれぐらいのサイズで羽化してるんでしょうね、還元率が気になります。
若い頃ですと100%掘り出してると思いますが歳をとるのは凄い事です、平気で我慢できる自分自身が信じられない(笑)

とは言え、3日後には露天掘りぐらいはしてしまうでしょう。
やめといた方が良いと思われる方はコメント絶賛受付中ですのでどうぞ宜しくです(^^)/

やっと羽化しました!

こんばんは。


仕事の落ち着く目途がたたず、虫部屋作業は放置状態になっております^_^;


さてタイトルのやっと羽化したのは強制早期♀です(^^)

早期♀ (640x351)

左から
YG1502-01 1/20羽化 現在51.8㎜
幼虫時14.4gからの羽化ですがサイズ的にはどうなのでしょう?
扱い易いサイズなので良しとしましょうか。


真ん中
N1503-06 1/16羽化 現在54.9㎜
幼虫時19.5gからの羽化ですがマットに入れたからか小さいですね。


最後に右
N1503-08 1/21羽化 現在55㎜
幼虫時19.1gからの羽化です、上と同じく。




数年ぶりの飼育で意図的な早期羽化、3頭共に完品ですしどうしても羽化させたかった3頭ですので良しとします。
本心を言えばSG血統の体重ののりが良くない♀(01or02)も羽化させたかったのですが反応が鈍かった・・・。
スキルアップしなければいけませんね。


羽化させれなかった3頭は体重減しているようです^_^;



SG血統の♀を羽化させたかった理由としまして、実は昨年のビークワ準ギネス89㎜の同腹個体を事前に予約しておりまして、10月あたりでしたでしょうか・・・ SG♂85㎜ペア他をお譲り頂いております(ご紹介はまだなのですが)。

ただしペアの♀は♂と同腹ですし、追加♀はYG血統のあの凄いラインですので、両♀ともGullさん♂(1407or1432)とかける予定なのです。


そうしますと、お気づきのとおりSG血統♂85㎜にかける♀が居ない状況でして、我家に居る幼虫(今回の早期羽化♀2頭)は同腹ではなくかと言って離れずで丁度良いのではと話しが落ち着いたんです。




私の所有するオオクワガタはYG血統とSG血統の2血統です、将来的にどのように管理していくのか今は決めていませんが今期(2016年度)については、YG純潔(変な言い方かな?)=YG血統、SG純潔(やっぱり変かな?)=SG血統、YG×SG=能勢産と管理しようかな・・・ なんて思ってます。




ペアリングについても数年ぶりのブリードですしどんな掛け合わせが好結果に繋がるのかわかりませんが、現時点として自分なりに一定の理屈は構築できましたのであとはその経過・結果をみてスキルアップに繋げていければ。



本業が落ち着くのがまだ先なので、虫部屋の完成も遅れますし今期の割り出し→1本目投入は7月になるような気が致します。

なんで急に忙しくなるかな~!
久しぶりの飼育を楽しみたいのに(笑)

3本目へ交換!!

こんにちは。

本業のバタバタは年末から継続中です^_^;
暫く落ち着きそうにないですし目途もたってません(笑)




そんな中ではありますが前回の記事のとおり菌糸ボトルも詰め終わり、あとは3本目への交換のタイミングを見計らっておりました。


12月中旬から徐々に温度を下げ現在は約21℃です。 今月末には20℃にして1本目投入から7ヶ月あたり・・・ 我家で言うと2月中旬あたりに全て(と言っても6♂)交換と思ってましたが、12月30日に菌糸トラブルが発生し急遽交換となった♂幼虫はPPボトルの側面から姿が見えておりまして、その後の動きから何となくですがボチボチ冬支度をした方が良いような予感がしました。



一昨日にYG血統の♂幼虫2頭の交換を済ませましたが・・・ 
元気にはして居りました!(笑)



そして昨日、SG血統の♂幼虫4頭のうち3頭の交換をしました。
残りの1頭は前述の個体で12月30日に交換済みですので今回は保留しました。





まず1頭目

DSC_1123 (640x481)
N1503-3
10/20 28.2g S3
→1/15 32.7g C-63


う~ん・・・ 35gあたりを期待しておりましたが残念。








2頭目!



DSC_1121 (640x481)
N1503-7
10/20 30.3g S3
→1/15 34.2g S3カンタケ


う~ん・・・ 増加してくれてるので贅沢は言えないが微妙。
反射して見難くてごめんなさい。






ラストの~






3頭目!



DSC_1126 (640x480)
N1503-4
10/20 35.7g S3
→1/15 44.3g S3カンタケ


生意気なようですが10月の交換時から3本目には40gを超えると思ってました。 でも超え過ぎです^_^;



菌糸は3本とも良好な状態を保っていましたが、食べてる量と糞に違いがあったように思います。



僅か1ライン9頭ですがSG血統の幼虫飼育を通して感じたこと・・・
♂にせよ♀にせよ、体重がのるタイプとのらないタイプとをはっきりと分ける事ができる。
そこから思いますのが、体重がのるタイプと思っているのは菌糸の銘柄や飼育全般の環境に合っていたと仮定すると、体重がのらないタイプと思っている個体群に合った菌糸や環境ってあるんじゃない?
(ただ食えないだけだったりして!?)

そんな事を考えてしまいました(笑)


尚、SG血統全般を決めつけてる訳では無く、当方の所有の個体群の数値から感じた事で誤解しないでくださいね。




お譲り頂いた幼虫からの経過ですので、これは配合されたブリーダーとそれによる幼虫の能力、また菌糸のお陰に他なりません。
私が自慢出来る事は・・・ この幼虫を選びお譲り頂けた幸運と、摂食の邪魔をあまりしなかったのでしょうか?(笑) それぐらいですね。


♂4頭のうち、2頭ずつにタイプが分かれているように思います。
サイズは兎も角、両タイプから1頭ずつ無事に羽化して欲しいものです。



羽化してなんぼとわかっていても・・・

あ~
でも良かった~♪