ヒペリオン 続々と蛹化

ヒペリオンssp ♂♀ともに蛹化が始まっています。
そのうち早めに羽化した♂を掘り出しました。


DSC_3488 (640x640) (2)
サイズは61ミリほどだったと思います。
デカくしたかったのですが、途中から他種にワインセラーを追われた格好となり満足な飼育は出来ませんでした。


ただ、この虫は以前は中々手が届かず思い入れの種でしたので完品羽化であることに満足してます。
実は0.5ミリほど尻が長い~


基本的にどの種もある程度はデカいのを狙いたい思いで有るところから、現状を考慮するとこの種も継続は難しいかなと思います。部屋自体の温度はオオクワガタに合わしているので、それぞれの種のステージ毎の理想と思われる温度帯を作るにはスペースやタイミングなどの面で限度があり、小さく羽化させてしまうぐらいなら断念するしか無いのかな… などと。

まあ、1週間程悩んでみます(^^)
スポンサーサイト

パッとしない~ ヒペリオンssp

初投稿となる、ヒペリオンssp
頂き物の♀に借り物の♂でペアリング、今年の正月頃の話しだったと思う(笑)
産卵セットするも♀は寝ている… マットを詰めただけでは駄目なの? 柔らか目の材はバミノルムにとって置きたいのに… 当時はそんな感じで放置してました。


3月になりオオクワのペアリングもスタート、♀の寝ている産卵セットが邪魔となり久しぶりにケースを手に取ると、ん? 卵を発見! 急いでゼリーを入れました!(笑)  知らん間にスイッチが入ったようです。

沢山採れても困るので、3月の彼岸頃には産卵セットを解除、4月20日に割り出し9頭(だけ!)の幼虫を得ました、丁度良い数でナイスです(^^)


4月22日に菌糸ボトルへ入れ、低温スタートが良いらしいので、6月下旬まで17~18℃、8月中旬まで18~19℃、それ以降はバミノルムの予想外のブリード順調の煽りを受け、8頭はワインセラーから追い出され友人のショップにて間借り、残された1頭だけ本日交換しました。(前置き長過ぎ~)



DSC_3001 (640x481)
4/22 DFかぶくわさんのカワラ菌糸、ブナとクヌギブロックを1:1でブレンドしたボトルへ入れました。 5ヶ月過ぎてますから汚いですかね? 私の感覚では汚い方です(笑)






DSC_3003 (640x479)
16gってどうなの? 20gぐらいいってるのかと思ってましたがパッとしませんね、普通はどれぐらいなの?全く解りません。 普段はボトル詰め(計量)に使ってる秤を使ってみました、オオクワほど拘らなくても良いかと^_^;





DSC_3004 (640x480)
バミノルムの菌糸カップを詰めた時に作っておいたPP1400ボトルへ入れました、1ヶ月ほど経ってるので丁度良いでしょう。 ただ1400要ります? 800で良かったのかな(笑)



それよりもワインセラーに1400ボトルの入る空きスペースは無い事に後から気付き、この仔も友人のショップへ運びました(笑)