幼虫採れました(^^)

スジブトヒラタの幼虫が採れました(^^)/


9月1日に初令幼虫を菌糸プリカへ入れ、本日確認しますとしっかりとした食痕が見えました!

DSC_1485 (640x360) (640x360)

この菌糸・・・ 実は神長さんのS3なんです。 高添加なので落ちるかな?と不安もあり黙ってました(笑)
オオクワの2本目ボトルを詰めた時に残った菌糸を120プリカへ詰めておいたのです。 レビンGSPのは食痕がまだ見えません^_^;



スジブトヒラタ、ブリードに失敗し諦めていたところ、前回記事のとおりkuwagata3464さんからの救援部隊により来期に思いっきり再挑戦できる体制が出来上がっております。


でも諦めの悪いおじさんはこんな妙案を・・・
種♂がアカンかっただけやから♀は使えるやん?

※血統・系統を謳う個体でのこの様なブリードは次世代個体の血縁関係についてトラブルを招く恐れがありますので真似しないでください。
 


 

実際には
救援部隊の3♂の中から一番小さい♂68㎜(と言っても凄く大きいです)とブリに失敗したギネス系3♀のうち一番餌食いの良い♀46㎜とでペアリングを実施、産卵セットは前回同様にグリードSL。 9月1日に割出しますと6頭のド初令を得る事が出来ました!


課題は大きくなれる菌糸ですね、今年はオオクワの♂に準じていけば大丈夫だろう(^^)/ 
スポンサーサイト

救援部隊!

昨日~今日はお盆休みをとってました。
子供は高校生になってますので家族旅行の類からは解放され自由気ままにさせてもらってます。

高3の娘は予備校三昧、高1の息子はクラブ活動三昧、妻は家事と合間はスマホのゲーム&高校野球三昧、そんな感じです(笑)



さて、楽しみにしていたスジブトヒラタ飼育は今期のブリード失敗により、前回記事のとおり「諦める事に」しました。
ところが! ところが!!  
それをご覧になられたkuwagata3464さん救援部隊を送ってくださいまして来期に再挑戦できる事になりました(^^)



IMG_7093 (640x640)
♂68㎜ kuwagata3464氏 15-3ライン





IMG_7102 (640x639)
♂69.5㎜ kuwagata3464氏 15-2ライン





IMG_7113 (640x638)
♂71㎜ kuwagata3464氏 15-1ライン




どの♂も凄く大きくてビックリしました!



♀は上記各ラインから最大サイズ47㎜を含めた計6頭、♂♀合計で9頭も届きました(^^)/
スジブトヒラタちゃんの♀47㎜・・・ めっちゃデカいです。

ね? 部隊でしょ?

しかも、超強力な救援部隊です。

元気に動き回るので画像があっちこっち向いていてごめんなさい^_^;



最寄りの営業所止めにて8月7日に受け取らせて頂いたのですが、個体のスペックと頭数に驚きと嬉しさとで飛び上がりました!
今回の救援部隊、全てkuwagata3464さんのご厚意に甘えさせていただきました。 諦めかけたスジブトヒラタ飼育でしたがお陰様で再挑戦できます、本当にありがとう御座います。  来年こそしっかり頑張ります(^^)

諦める事に

ご無沙汰しております。
えーと、SL産卵セットのスジブトヒラタですが、結果から申し上げますと全て(3♀)産卵してくれました… そこまでは良かったのですが、全て孵化してません(T_T)

側面から見えてないところにも卵があってそれが孵化して… なんて期待もしてましたが、全滅です(>_<)

原因は♂の種無しぐらいしか思い付きません。3♀ともにかかっていないって有り得ないですもんね。まして産卵はするのだから交尾はしているはずです… 即ち種がないと思ったわけです。

再ペアしても無駄だと諦めました(T_T)
順調に採れたら各ラインから5頭づつの合計15を手元に残し、残った幼虫に種親付きでプレ企画に協賛しよう。描いていた計画が見事に崩れました。

オオクワが大所帯もあり、1からのスジブトヒラタブリードは、一旦打ち切ります。
大きくなりそうな幼虫が採れ過ぎたとお話を聞いたら喜んで引き受けたいと思います! みなさーん、大型血統のスジブトヒラタをブリードしてニョロちゃん頂戴?笑

では、また(^-^)v

取り敢えず産みました

先日の「スジブトヒラタ in グリードSL産卵ケース」のその後です。

DSC_1884 (640x360)
3♀のうち、1♀だけ側面から卵が確認出来まして、取り敢えずは産みました。
この♀にはこのまま産んでもらいましょう(^^)


他の2♀も見えない所で産んでる可能性はありますが、グッドタイミングで上へ出てきてたので一旦捕獲し、穿孔のきっかけとなる穴を新たな場所へ開けなおし頭から突っ込み、仕切り直しです。
少しでも良いので3♀から幼虫が欲しいな(^^)

ギネス兄弟のブリード

こんばんは。
ギネス兄弟血統のブリードを開始しました。

スジブトヒラタ? 忘れてませんよ?
クワガタについては温度管理を1環境で飼育したいので、オオクワよりも遅らせてブリードすればスジブトヒラタの早期羽化が防げて良いのではと昨年から計画しておりました。上手く行くかな?行かないだろうな(笑)

ペアリングだけは済ませています、多分かかってると思います。
オオクワガタの飼育数が凄くキャパオーバーしたので諦めようかとも思いましたが、折角のギネス血統だし少数だけ飼育してみます。

1♂3♀なので、3♀=3ラインから各5頭ぐらい、合計15頭が自分で飼育するギリギリの線だと思います。
もし採れすぎちゃったら、余分な幼虫と母♀を1セットにして、3セット出来るので・・・ 産んでからの話しですね。


久しぶりなので親虫の画像から(使い回しです)♂69






産卵セットは何が良いのか解んないけど、スジブトヒラタをブリードされている方のブログを拝見し予習をさせて頂くと、植菌カワラ材で採られているのかな?と思いましたので、じゃあ私は… 「グリードSL産卵ケース」の登場です(^^)/

DSC_1855 (640x360)
2日ほど温度に慣らしてました。




DSC_1858 (640x360)
オオクワと同じようにきっかけとなる穴をあけて、私は頭から突き刺します。
レギウスとかでは普通にやってた事なので気にしません。






二時間後






DSC_1863 (640x360)
いつものようにゼリーは無しです。
水苔はカビの原因になることが解りましたので、何にも敷いていません(笑)
産卵ケースに付属のボルトは、我が家の環境では無しでも産むのですが、割り出しの時に菌床を引っ張り出す取っ手代わりに捻じ込んでます。だってボルトを引っ張ると菌床が丸ごと取り出せて楽なので(^^)

産卵行動なのか何なのか、兎に角潜ってくれましたので1週間ほど経ったら解除してみようかな。