菌糸交換、上出来です(^^)

こんばんは!


更新が暫くあいてしまいました^_^;
年末年始は特に忙しく、皆さんのブログを覗きにも伺えていない状態であります。


そんな中、♂の菌糸ボトルを確認し
「よしよし、居食いだな~」
「おっ! 食痕がでて窓があいてる~」
そこまでは良かったのですが・・・



我が家にも黒く劣化?ボトルを発見しました!

DSC_1095 (640x512)

突然現れるとはきいていましたが、ほんと突然でした^_^;
もう暫く様子をみようかと迷いましたが、蓋をあけ菌糸上部を確認するとカビ?劣化も始まっており、急遽交換することに・・・








すると!






DSC_1101 (640x640)

2015年3番 能勢産
N1503-05
7/27 初令 S8-800
10/17 3令♂ 32.5g S3-1400
12/30 菌糸劣化の兆し 39.0g S3-1400




大台には遠く及びませんでしたが狙い(思惑)通りの体重、「よっしゃ~!」と内心喜んでおります。



元々、今期の幼虫飼育は来期のブリードの布石・・・ 当初はそのような位置づけでした。
ところがお譲り頂いた能勢産の幼虫が→2015準ギネス・SG血統となり、温度管理も曖昧な我が家のような環境でも大きく育ってくれましたので、羽化個体から種親が残せたら・・・ 
そんな色気もでて参り、♂は1頭だけでも完品羽化をと思うようになった訳です。


ですので40g超よりも今回交換の39.0gは、まさに理想体重です!
ま、ま、負け惜しみではないですよ(笑)


トラブルが出なければ残りの3本目交換は1月下旬~2月中旬あたりを予定しています。
あと1頭、期待してる幼虫がおります、そちらが大台を超えてくれると思います!
この頭数でそんな事になったら出来すぎですから、そうは成らないでしょうね(笑)



どうなろうが、来年に生かしたい。そう思います。






それと先日の早期♀が無事に蛹化しました(^^)


N1503-06
10/20・19.5g → 12/1・マットへ 19.5g
12/23蛹化

DSC_1078 (640x512)



N1503-08  
10/20・19.8g → 12/1・マットへ 19.1g
12/26蛹化

DSC_1089 (640x512)

我家では貴重な早期♀、おおよそ完品で羽化して欲しいです。



おわりに

今年8月末、突然にブログを始めました。
お譲り頂いた生体の紹介やブリードルーム作りの記事など、飼育には程遠い内容でした。
それでも、ご訪問・コメントなど温かく接してくださった皆様方、お世話になりましてありがとう御座いました!

来期(春以降ね)は飼育記事も更新出来るように、がっつりブリードしたいと思っておりますので、来年も引き続きまして宜しくお願いいたします!


年末年始も仕事でして、更新できるかが不安で早めのご挨拶のつもりです。

クワカブ飼育者の皆さま、良いお年を(^^)/
スポンサーサイト

待ってたよ!強制早期♀

こんばんは!

飼育記の更新は久しぶりです(^^)


タイトルのとおり
来期に使いたかった♀がやっと前蛹になってくれました。


能勢SG血統
種親♂88.3㎜×♀55.4㎜


N1503-08  10/20・19.8g → 12/1・マットへ 19.1g
DSC_1070 (480x640)
ラベルには7/20・1本目のように書いてますが、1週間日付を間違ってます(笑)
ブリードデータ・管理表の27日が正しいです!  




N1503-06  10/20・19.5g → 12/1・マットへ 19.5g
DSC_1065 (429x640)


7月末に初令投入、特に高温管理してきた訳でもなく2本目(10/20)からは28℃へ昇温するも暴れることも無く。
積算温度に達していないだろうとそのまま1ヶ月放置し、11/20から30℃へあげるも特に反応も無く。


1月中に成虫へ羽化させたい→年内には蛹化させたいと言う飼育者の勝手な欲望を満たすため、11/25には32℃の常夏の世界へ。 やっと暴れの兆候が見え、事前に準備していたマットを詰めたガラスS瓶へ12/1に入れ替えし、待ちに待ったシワシワになってくれました(^^)


他の♀はと言えば幼虫~前蛹~見えない等、各ステージ様々ですが、この2頭を無事羽化させるを最優先にしたいので26~27℃あたりまで温度を下げましたが上手く羽化してくれますように。


皆さんのブログから強制早期♀関連の記事を拝見してまして、ずーーと羨ましかったので少しホッとしております(笑)



温度管理が違うとは言え、やっと♀に動きがありましたので♂の管理温度を徐々に下げ現在は23℃あたりです。
1本目投入から約5ヶ月が経過、どんなものなのでしょう? まだ引っ張るべきなんだろうか。
今年は数年前にブリードしてた頃の記憶を手繰りつつ飼育しておりますが、思い出せない・・・ 忘れてしまってることの方が多いですね^_^;


当時も記録しておけば良かったと後悔です(笑)

虫部屋 DIY その9

こんばんは!

暖冬とは言え、陽が沈むとキーンと冷えますね。


さて、昨晩の続きのご報告です。
あらすじを申し上げますと、前回(作業18日目)に丸一日掛けて行った主な作業の合板貼りをやり直す件であります。


仕事を終え夜の7時頃、ホームセンターで石膏ボードを10枚購入しまして、夕食ののち作業を開始しました。


先ずは貼り終えた合板を剥がす作業からです。
一生懸命すぎて写真を撮るのをうっかりしました^_^;


剥がすのは案外早く2時間ほどで片づけまで出来たように思います。



さていよいよ、石膏ボード初体験のスタートです。
丸鋸で切ると石膏の粉が飛びまくるのは見たことがあり、またまたネットで調べ・・・ 
カッターナイフで切込みを入れてポキッとすると割ることができる。
その際、切断面の両端は深めに切り込んでおくと欠けたりしない。


なるほど! 
早速やってみましたが、カッターナイフで切込み→イメージと違う・・・ 堅いけど^_^;
3度ほど同じところをカッターナイフでなぞり、両端は深めに切り、ポキッと。割れるには割れたのですが石膏を包んでいる裏側の紙がくっ付いて(笑)

割れた隙間からカッターで紙を切り、思うように切断できました!



学習機能を働かせ、先に裏側の紙を切り、その後に表面を3度ほど切り(両端はしっかりと)、ポキッと!
今度は上手くいきました!
※ほんとに一生懸命で・・・ 写真とってないです^_^;


ボード用のビスで貼りつけていきました。




作業19日目

DSC_1027 (640x360)

ビス止めだけで充分のようですが、そこは素人!
木工用ボンドを併用するとよりしっかりするとの情報?をから正直にそのように(^^)





DSC_1025 (640x360)

エアコンの配線や配管まわりもそこそこ綺麗にできまして・・・


白くライン状に見えているのは石膏ボードの継ぎ目でして、先々段差を無くすためにパテを塗るにしても角は削っておいた方が良いのかとカンナで少し落としてパテが入り易くしてみました。





DSC_1024 (640x360)

奥側の1面終了です。




DSC_1029 (640x360)

石膏ボードの裏面の印字に矢印がありまして、調べる時間が勿体ないので上向きに揃えておきました。
後日、調べますと・・・ 
①どうでも良いという方。 
②製造過程~云々→揃えるべきという方。


どちらの意見もありまして何が正しいのやら。
でも意味の無いもの印字しないと思いますので、私としては揃えて良かったんだろうと。




DSC_1030 (640x360)

全面(奥面と左面と写ってないが右面)貼り終えました!





DSC_1031 (640x360)

ボードの継ぎ目、白いライン状が角のところで高さが合ってません。
プロならこんなところもキッチリと良い仕事するんでしょうね^_^;


そこは・・・ね? 素人です(笑)



因みに朝までかかりまして、布団で身体だけ温めて仕事へ旅立ちました。


正直なところ、やり直そうか思案しながら嫌気が少し。
一気に作業を終えるしか、選択肢が無かった訳です(笑)



そんなこんなで
風邪をひいたわけであります!!
(現在は治りかけてます!)

あっ?!
石膏ボードと木工用ボンド  
乾くと凄くしっかりしてます。 皆さんお奨めですよ!! 素人の言うことですが^_^;



では失礼します。

虫部屋 DIY その8

こんばんは!

風邪をひいてしまって更新できずでした^_^;


ブリードルームのその後です。



作業17日目

DSC_0991 (640x360)

前日に断熱材を切っておいたので
今夜は木材(胴縁?)を切るだけなので早いです(^^)



前回同様、27×40㎜の木材を使って・・・
27㎜の厚みのところへ昨晩作った断熱材25㎜厚を入れていきます。



DSC_0992 (640x360)


こんな風にシリコンシーラントを塗っています。
気密性を意識しながら!

これで良いのか疑問ですが、乾くとしっかり接着できてるようです。



DSC_0996 (640x360)

今夜はここまで。

DSC_1000 (640x360)





作業18日目

DSC_1001 (640x360)

この日は仕事を休めましたの朝からの作業です。


ご覧のとおり簡単にですが窓を塞ぎエアコンの配管の準備をしました。



窓を塞ぐのは決めてたのですが、実はエアコンの配管・・・悩んでいたのです。
取り付けは電気屋さんにお願いするとしても、配管用の穴をコア?って言う工具だろうか?
大きな穴を一気にあけるヤツです!



あんなので開けられたら断熱材はどうなるんだろうか?気密性は?
そこで自分で先に準備しとけば安心だとの考えに至りました。



何ミリぐらいの穴なんだろう・・・
ネットで(笑)調べてみると最近の換気機能とかが付いてると・・・
そんなエアコンを導入するつもりでは無いですが大は小を兼ねるの判断から75㎜ぐらいで。



スリーブと言う管みたいなのが売ってるらしく物色するも65㎜までしか見当たらず、あっと閃き75㎜のVP管を購入することにしました!
ついでに100㎜のVU管と各々のVU継手と(^^)



実はそうなんです、10月頃にマシーンが到着しているのです(笑)
いつの日かブリードルームが完成したら画像付きで紹介します!




DSC_1003 (640x360)

胴縁と断熱材を入れ終わりました。
(手前の開口部は手付かずですが)






続けての作業です

DSC_1008 (640x360)

思案したあげく合板を貼ることにしました。
※これが風邪をひく原因になっていくのです


断熱材に銀色のテープが少し見えますのは気密テープです。
シリコンシーラントの効きが悪いところや木材同士の接合部などにだけ使いました。
良い値段がしましたので節約気味に貼りました(笑)



それと、ここまで合板を貼ってきて、ふと気づきました^_^;
エアコンのコンセント用の配線が無い!





臨機応変に!

DSC_1014 (640x360)

新しい刃に交換されし切れ味鋭いカッターナイフで切込みをいれくりぬきに成功。
天井裏に上がり、僅かな隙間から配線を下ろし、何とかなりました(笑)





DSC_1015 (640x360)

先ほどくりぬいた断熱材をシリコンシーラントと共にそっと元へ戻し、何もなかったような自然な状態に戻りました!(笑)
これで、私が素人だとご理解納得頂けたと思います。





どんどん貼っていきます

DSC_1016 (640x360)





まだまだ

DSC_1020 (640x360)





今日はここまで

DSC_1022 (640x360)

今日は一日作業できましたのでグンと進みました!


そう思って作業を終えたのですが・・・


エアコンの配線を忘れたり、今日は何かが可笑しかったんでしょうね。



合板貼り作業、途中で材料がなくなり買い出しに行きました。
物色するも虫食い穴の有るものしかなく、渋々・・・ と言うか早く作業を進めたい一心で足早にホームセンターを後にしました。



いつも夜寝る前に今日の出来事や忘れている事がないか・・・
また明日の予定などを思い起こしたり確認します。




問題発生です

合板の虫食いと先に控える壁紙(クロス)を調べますと
①合板の虫はヒラタキクイムシと言う、貼り終えた合板には多分居ないと思われるが、ラワン合板なので将来的にも虫食いの可能性が高い
②合板に壁紙を貼れると思っていた(実際に見たことがある)が、専用の合板に限るようである?!なに~。


さてさて
①については、防腐剤・防虫剤なども考えたが一度剥がさないと表裏とも塗ることができない。
②については、シーラー?下地処理剤が市販されているが完全に抑える(アク等が浮いてくるらしい)ものではないらしい。




この部屋は年中温度管理されきっと虫が付きやすい条件であるので、合板をやめ石膏ボードでやり直すことにしました。
石膏ボードのんが安いのに最初からそうすれば良かった・・・
今日の作業はなんだったんだ・・・


落ち込んだ空しい夜でした・・・。



続きは明日にでも更新します!
いよいよ風邪をひいた部分へ突入です(笑)

虫部屋 DIY その7

こんばんは!

しぶとく頑張ってます!
いつもの如く、虫部屋作業の経過です^_^;




作業16日目
DSC_0979 (640x360)

今夜(実作業日は3日前です)は雨のため
木材の切断作業(屋外)ができず、下準備をしました。



桟?胴縁?は455㎜間隔で40㎜幅(27㎜厚)を使いますので
455㎜-40㎜=415㎜→断熱材の幅!



DSC_0985 (640x360)

1820㎜×415㎜(25㎜厚)の断熱材を必要枚数の8枚を作りました。
準備から片づけまで1時間ほどで今日は終わりです。


お疲れ様でした(^^)

虫部屋 DIY その6

こんばんは!

昨晩は雨と強風とで虫部屋の作業が出来までしたせんでした。
遅れを取り戻さないと!


以前にも申し上げましたが実作業は少し先行しておりまして、ブログでのご紹介が後追い状態であります。


では、今夜の作業開始までにご紹介できるところまで!



作業13日目

DSC_0934 (640x360)

前日の続き・・・
天井の断熱材を入れる作業が完了しました。




続けて

DSC_0951 (640x360)

側面の既設壁の断熱作業を開始しました。



両側面にはコンセントを配置したいので画像の黒いボックスを取り付けたのですが材料選びの失敗です。
材料を購入するときにフランジ?付きと付いてないものを発見しました。急いでいたので形状も確認せず付いてた方が良いやろ!と安易に購入した結果、画像のとおり向かって左側に余計な物が付いていまして断熱材の切込みが複雑に^_^;



今思えば、取り付ける前に削るなり切り取るなり、不要な物は取り除けば良かったと後悔しております。
買い直すほどでもないので、このままでいきます!(笑)




DSC_0952 (640x360)

断熱材はカネライトフォームの25㎜厚にしています。


理由は
①厚くすると部屋が狭くなり、構想どおりに棚が配置出来なくなりそうだから。
②天井と床に比べるとあまり重要じゃ無さそうだから(笑)
③近くのホームセンターで入手可能な木材を物色した結果、財布への負担も考慮し27㎜厚の木材(⇒断熱材25㎜に近い!)を使いたかったから。

そんな理由です(^^)



あっ!
コンセントへの電線ケーブルは「VVF 2.0㎜×2芯」と言うのを使いました。
調べるとエアコンのコンセントにも使えるみたいなので容量的には大丈夫かな?!


それと・・・
前後してますがコンセントの配線を忘れてたので急遽天井裏へ!(笑)

DSC_0949 (640x360)


エアコンと照明のスイッチの配線をしていない事も思い出しましたが、プロじゃあるまいし実際にその時になるまで場所が決まってる訳でもないので、行き当たりばったりで良いや!と思い、今回は放置しておきます(笑)






作業14~15日目

DSC_0987 (640x360)




反対側も!

DSC_0963 (640x360)

徐々に形になってきました! と思いますが?(笑)



実作業は2日分ほど先行しており、随分とブログに追いつかれて参りました。
夜だけの作業が主ですので仕方がないか。



また自分で言うのも気がひけますが、ここまでの作業が怖いぐらい順調(良い出来栄え)にきております。
当初、ここまで出来るとは思ってませんでしたので場合によっては内装仕上げはせず、合板のままで良くない?なんて思ってました。


万が一、この調子で完成まで漕ぎつける事が出来たならば、クロス貼り(壁紙?)に初チャレンジしてしまうかも。
そうなるとエアコンを買いに行けるのはいつだろう・・・
どんどん伸びていく。



では、作業してきます(^^)

虫部屋 DIY その5

こんばんは!


前回に続き
ブリードルームのその後です。




作業10日目
どんな風にしようか・・・
構想に費やした時間は含みません(笑)

DSC_0925 (640x360)
作業内容:天井の骨組みを作ったのですが「言葉?単語?」を知らないので省略します^_^;


床の場合は材料の太さや間隔など大凡の見当はつきますが、天井となると全く見当がつかず正直なところ悩みました。
部材を丈夫な(太い)物を使えばしっかりはするでしょうが、部材自体の重さもかかる訳ですしね。
自分が思うより簡単な(細く軽い)作りにしましたが、果たしてもつのでしょうか?(笑)



前回新設した間仕切り壁の一番上にのせた「90×90㎜材」はしっかりしておりまして、私(約75kg)が歩いてもビクともしませんので、その上に「45×45㎜材」をのせる格好にしました。




実際に出来てみて、室内(将来の)からぶら下がってみると
少したわむものの全体重をかけることはできました。


でも部材の間隔も広く、上を歩く気にはなれませんでしたので
補強を考えた方が良いように思いました。
(多少の荷物を載せれると便利ですし)






作業11日目

DSC_0931 (640x360)
作業内容:釣り金具の取り付け・合板(9㎜厚)貼り


幼少期に大工さんに尋ねたことのある「ギムネ?」だったか・・・
ドリルのキリが凄く長くて、手で回して穴を開ける道具。


そんなのを持っていれば貫通穴を開けてボルトでしっかり釣る事ができますし、一度の為に電動用の超ロングのキリを買うのも勿体ないし、ビス止めの簡易な物を見つけ取り付けました。



合板を貼る(ビス止め)するときは
端っこは良いのですが、真ん中あたり・・・
合板が9㎜厚も影響して怖かった^_^;

恐る恐る、寝ころびながらビス止めしました(笑)



ビス止めが完了すると以外にしっかりしまして
そっと歩いて電気配線を通す事が出来るほどです!


DSC_0926 (640x360)


真ん中から出てる配線は照明になる予定です。
技量が素人なので段取りだけは考えてます(笑)


照明器具を取り付けるであろう部分も
丈夫な部材で補強しましたよ!







作業12日目

DSC_0922 (640x360)

天井の断熱材は「スタイロエース」の30㎜厚+カネライトフォームの15㎜厚でいきます。



断熱材・・・
分厚いほど効果は高いのでしょうがキリが無いし、部屋の内寸も小さくなります。



ネットで断熱について検索しますと
天井と床が重要な印象を受けたのです。
何となくですが・・・。


そこで熱伝導率:0.028の「スタイロエース」を使うことに決めました。
カネライトフォームの熱伝導率:0.040、スタイロフォームが0.036


厚み÷熱伝導率=熱抵抗 となるようでして
スタイロエースの性能の高さから使ってみたくなりました!
違いはわからないでしょうね(笑)



45㎜のスタイロエースが欲しかったのですが
30㎜までしか在庫がなく、2枚重ねで頑張ります!






本日はここまで

DSC_0932 (640x360)

相変わらず手間取りますね^_^;


時間はかかりますが単純な作業ですので
先の作業の段取りなどを考えながらボチボチやります(^^)




でも・・・ でも・・・
スタイロエース

初めて使いましたがめっちゃ良いですよ!!



普通?のスタイロフォームも使った事が無くカネライトフォームとの比較ですが、スタイロは中身がギュッと詰まってる感じでカネライトのフワッとした感じ→発泡スチロールの延長線上のような・・・ それと全く別物です!



簡易温室などを作り直す機会があった時には、多少高くてもスタイロエースを使おう!って思いました。



それと写真はスマホで撮影してるのですが中央の上部付近に少し黒いものが写るのです。
内部のレンズに付着して取れなくてお見苦しく^_^;

尚、歳のせいからのシミではありませんから!



では
今夜は本業の段取りをいたします(笑)

虫部屋 DIY その4

こんばんは!

引き続きブリードルーム作業です^_^;


作業8日目~9日目


前回に床下地まで終わったのですが
床の高さが狂っているところがあるような違和感を感じていました。


確認してみると
DSC_0908 (640x360)
やっぱり! 空気の丸いのが真ん中にきていない^_^;

原因に心当たりがあります^_^;

大引・根太をかけていく作業で糸を張って高さを揃えていましたが
途中・・・ 1㎜ぐらいいいや!  2㎜ぐらいいいや! などと
妥協したことが災いしてるように思います。






DSC_0914 (640x360)
ジャッキで持ち上げてみて
何ミリほどの高さの違いかを確認しました。


3㎜ほど床束が短い(高さが足らない)ようです。
床束を作りなおして高さを合わせれば良いのですが
材料が無駄になりりますし、簡単な方法は・・・






嵩上げしましょう(笑)
DSC_0915 (640x360)
ホームセンターで物色の結果
3㎜と4㎜厚の板を購入し、床束の下に挟みました。
本当は木材じゃ無いほうが良いと思うのですが
適当な物が見当たらず、また妥協してしまいました。



合計、3か所に同様の作業をほどこし
水平器(水準器?)での確認では誤差はなくなり解決しました。
(画像撮り忘れました)







次は新設の間仕切り壁(骨組み?)を作ることにしました。





完成画像になります
DSC_0916 (640x360)

DSC_0917 (640x360)

DSC_0919 (640x360)

作業内容
画像は切れているが、右側と左側に45×90㎜の柱?を既存建物の柱に沿わせて固定し、その上に橋渡しする格好で90×90㎜(画像上部の横たわっている木)の柱じゃないな・・・言葉がわからない(笑)
を取り付け、最後に真ん中の90×90㎜の柱(画像中央部)をたてた。

途中画像の無い理由
橋渡しした90×90㎜・長さ3.7mの材料ですが・・・
地上から約2.7mの高さまで、脚立に乗り1人で上げるのが半端なく大変でそれどころじゃ無かったのです^_^;
だから写真は翌日の早朝に撮りました(笑)



この2日間は時間をとれなかったため、作業が進みませんでしたが
肝心な部分がイメージ通りに完成して良かったです。


間仕切り壁の骨組みが出来たので、次回は天井を作っていきたいと思います。


それでは、作業をしてきます!

2015/12/08追記
11/28~12/7までのコメントを誤って削除してしまいました。
誠に申し訳ございません。

虫部屋 DIY その3

こんばんは(^^)

気が付くと12月・・・
今年も残り1ヶ月をきりました・・・
ブリードルームを急がねば^_^;

その後の作業を綴っておきます。



作業7日目スタート
DSC_0875 (640x360)
作業内容:断熱材のカット
根太は45×45㎜
ホームセンターで断熱材45㎜厚は在庫してないので25㎜+20㎜で対応





DSC_0876 (640x360)
こんな感じで入れていくが・・・
根太を打ったのも自分ではあるが間隔が微妙に狂っているため、断熱材を入れるのに苦労する
追加で入れた細い桟は断熱材がたわむ?のを防いでくれ予想以上の効果を発揮した!(笑)






DSC_0877 (640x360)
床面積=僅か2坪だと言いきかせながら作業をすすめる。
あと少しだ、頑張ろう!






DSC_0884 (640x360)
一応、床の断熱材、25㎜+20㎜=45㎜は完成した
今回はカネライトフォームの一番財布にエコなタイプを使ったので、断熱性能もそれなりだと思うが、厚みが45㎜なので素人としては満足である。うん!(笑)
以前は断熱なんてして無かったんだから充分!

念のため、隙間などはシリコンコーキングで埋めておいた。






DSC_0887 (640x360)
苦労したので床下からの画像も添えておく。






DSC_0891 (640x360)
作業内容:床下地(12㎜合板)をはる
わたしは板と板との繋ぎ目を綺麗に揃えたい派なのですが、画像のようにバラバラの方が強いらしいです。不本意ですがそうしてみました(笑)





DSC_0899 (640x360)
あっと言う間に出来ました! 掃除機をかけて記念撮影(笑)





作業7日目終了
DSC_0904 (640x360)


今日は丸1日を作業に没頭し、自分なりにはグッと進んだ気がします。


断熱材を入れながら思ったことがあります。
今の住宅って、実際に色んな断熱材が使われているのだろうと思いますが、細かい部分の断熱処理って大変だろうと思いました。

また、施工してくださる方の技量などによる性能差は?
だから気密試験とかあるのかな~? などと思いました。




それほど、面倒くさかったので
1㎜・・・いや、 +2㎜大きく羽化してもらわないと(^-^)/



次回は天井? 新設の間仕切り壁?
どちらだろ・・・
素人なりに工程を考えておきます(笑)



では、おやすみなさい!

2015/12/08追記
11/28~12/7までのコメントを誤って削除してしまいました。
誠に申し訳ございません。