オフ会 in 大阪弁天町

こんばんは!

今夜は大阪の弁天町へオフ会に出かけて参りました(^^)
途中、割と近くのドルビーインセクトさんへ立ち寄りコバシャ小を大人買いしようと思ったらなんと在庫切れ。 5個しか買えませんでしたが、来店くださったのに申し訳ないと高価なオマケを頂戴し大満足!



さて、オフ会のメンバーは大人4人子供2人。

私はお会いするのは全く初めてのメンバーでしたが一瞬で打ち解け、クワネタから始まり楽しい時間を過ごさせて頂きました(^^)
いや~ほんまに~ おもしろすぎ(笑)


遠方よりお越しの方のうち・・・
さて誰だ?!

DSC_1485 (640x360)
ハンドルネーム:Yさん



ご旅行も兼ねてとの事でしたので詳しい内容は控えさせて頂きますが、勉強になり共感し、とにかく楽しかった。
有意義な時間が過ごせました、ブリード頑張らねば!
お誘いくださいましたKさん有難う御座いました(^^)/



他記事の返コメが滞っております^_^;
この後順次(笑)


ではお疲れ様です、おやすみなさい(^^)/
スポンサーサイト
[ 2016/03/30 00:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

餌皿を作ってみた

朝早くに目が覚め歳のせいだと思った。
仕事まで1時間ほど有ったのでオオクワガタのペアリング用に餌皿を作ってみました。


ゼリーの穴を開けるにはボアビットなるキリ?を使うと良いとgifunotakaさんから以前教わったので準備はしていました。
ワイドゼリーを使いたいので直径40㎜で良いらしい(^^)



じゃ~ん

DSC_1470 (640x360)
材料は虫部屋DIYの廃材、桧材90㎜×45㎜×長さです
画像の上下が90㎜、左右が長さだが廃材なので1mもありません。
45㎜は餌皿の厚みとなります。

早くも問題発生!!
ドリルが可愛らしいので苦しそうである(笑)



DSC_1471 (640x360)
何とか1個目の穴は開いたがドリルが持つだろうか。
ボアビットは問題なく綺麗に穴が開くので本来はボール盤で作業するのが良いかも。




DSC_1473 (640x360)
2個目の穴が開いた、これで餌皿1個分である!
餌皿1個分の長さは12㎝にしました。
上面にキズが入っているのは、ボアビットが跳ねて危ないところであった^_^;
幸い足もなにも置いてなかったので怪我もなく作業を続けました。



DSC_1474 (640x360)
やはり、このドリルでの作業は無理があるようだ、かなり熱を発していたので早朝から炎上かとハラハラした。
穴が揃っていないのは、節目は堅くドリルが壊れそうだったので回避するためです。
ボアビット自体は節目でも問題は無いと思います。



DSC_1476 (640x360)
材料を裏返して今度は丸ノコを切り深さ20㎜ぐらいに調整し、餌皿の端(画像では上と下の部分)を15㎜残し細かく切り刻む!



DSC_1477 (640x360)
今度は表を向けてから餌皿を切り出す。




DSC_1478 (640x360)
1個を取り出し裏面の切り刻んだ部分を倒すように力を加えると。



DSC_1479 (640x360)
パキっと折れてくれる!



DSC_1480 (640x360)
取り除くとこんな感じです。 いつもはもっと綺麗に割れるんですが今回はなぜだろう?
樹種によるのか、木の目(年輪)の加減か、私にはわからない事です(笑)



DSC_1481 (640x360)
懐かしい話・・・
中学校の授業で技術と言うのがありました。その実習で使う道具類を男子生徒は皆購入しました。
その時の道具袋に入っていた「ノミ」です! これ!!(笑)
大切にしていた訳では無く、なぜか私は当時殆ど使っていないので・・・ 今になって使ってます!
きっと滝○先生は喜んでくれてるはずです(^^)



DSC_1482 (640x360)
はい、完成!
1時間もかかりませんでした。
ドリルが燃えなくて良かった。




DSC_1484 (640x384)
こちらは仕事から戻り、先ほど撮影しました。
小ケースにピッタリ良い感じかと思います、満足(^^)
[ 2016/03/28 19:58 ] 飼育用品 | TB(0) | CM(8)

虫部屋 DIY その15(完)

虫部屋 DIYは「その17」までに終わるようにコメントを頂戴しましたので頑張ります!
(ん? じゃ無かったかな・・・笑)


昨日、壁紙が届きました!

DSC_1433 (640x359)
初心者用のチャレンジセット?スリットタイプ?だったか。
基本的な道具も付いてきて割と安いと思います。
結果を先に申し上げると「これ買って大正解!」
さて・・・ 貼り方マニュアルを熟読して。




作業開始(昨晩)

DSC_1436 (640x360)
糊面を上にしてビューっと広げ、5cm間隔のラインを目安にハサミでカットします。
貼りたい長さ+10cmらしい。




DSC_1437 (640x360)
カットして糊面のシートを剥がしました。
このままでは一人で持ち上げて貼れないので・・・




DSC_1442 (640x359)
パタパタと畳みます(笑)
この状態でどこかにベチャっしないように・・・




DSC_1438 (360x640)
目的地に無事到着(^^)/
どんどん左に貼っていくので最初は右側に合わせます。
貼って直ぐなら貼り直したり、少しぐらいなら掌で「ぎゅう~」っと押すと動かせました。



DSC_1440 (360x640)
場所が決まったので空気をしっかり抜いて、付属の道具を使い上下をカットして1枚目終了です!
1人で両手を使い作業してるので画像が飛び飛びで申し訳ない。




DSC_1443 (360x640)
同じ要領で2枚目を貼ります。
右側を合わせて・・・



DSC_1444 (360x640)
場所が決まりました。
1枚目同様にしっかり貼り付け上下カットします。



DSC_1441 (360x640)
壁紙の繋ぎ目はこれまた付属の道具でコロコロして捲れないようしっかり押さえます。




こんな感じでどんどん貼っていき・・・

DSC_1445 (640x356)
広さ4畳の虫部屋の壁紙を貼るのに3時間もかかりました(笑)
初めてなので手が遅いですね、でも予想に反して綺麗に出来ました!
感想としては自動車の窓ガラスにフィルムを貼るよりは簡単に思いました。
何より購入した壁紙の糊の具合が貼り易さに繋がったように思います、感謝!



嬉しいので見てください(^^)

DSC_1452 (640x360)
DSC_1449 (640x355)
エアコンの取付用の板も設置済みです。



でもこんな失敗も

DSC_1453 (640x640)
部屋の隅の角です。
簡単だと調子に乗ってしまい破ってしまいました、手早くすることと慎重にすることを弁えないとダメですね。
白色のコーキングが残っているのでそれを塗って誤魔化しましょう!


DSC_1458 (640x640)
フローリング固定のビスが見えてます、幅木で隠れると思ったんですが感覚で作業するとこんなことに。
う~ん、近い色のコーキングで誤魔化すか・・・ 放置するか。 全て完成してから考えよ。



そして先ほど

DSC_1460 (640x359)
コンセント取付完了!


DSC_1461 (640x318)
照明用・・・ 台座? なんだっけ。 完了!


DSC_1462 (640x360)
照明スイッチ取付完了!



虫部屋 DIY、やっとここまで出来上がりました。
残すは電気回路の増設とエアコンの購入取付で一先ずは完成になります。 スチールラックの配置も想定・考慮したうえでエアコンの設置場所も決めましたが実際に稼働してみないと「虫部屋」の具合はわかりません。
ブリード再開1年目の2016年開幕がそこに見えて参りました、先ずはスタートできる事を素直に喜びたいと思います。
この1年を通す中で不足を補っていきたいと思います。




虫部屋DIY
長らくお付き合いくださった皆々様方へ
昨年から始めました夜の作業、寒さもどんどん厳しく辛いものになっていきました。 でも途中で辞めようと思ったことは一度も無かったです。 何故なら皆さんが見てくださっていたから。 コメントに支えられたから。
上手く表現して気持ちを正確にお伝えする力が無い事が悔しいのですが一言だけ、心よりお礼申しげます。
有難う御座いました(*^_^*)



このブリードルームの目標として
2016年シーズンの最大羽化サイズは88㎜以上。
根拠は有りません、復帰しようと決心した時から決めてました。
秘策は・・・ 運任せ(笑)

届きました! が・・・

宅急便が届きました!
が、代理落札なので目の前をスルーしていきます(笑)


DSC_1425 (640x360)

梱包料など追加料金無しで発砲箱に入れてくださる良心的な出品者さまですね!
検品をしなければね! ね!!(笑)
見たいだけです。





DSC_1428 (640x360)

生体とカイロの間にスタイロフォームで断熱の壁を・・・ 丁寧だ!!





DSC_1430 (640x360)

いよいよです(^^)





DSC_1431 (640x360) (2)

ジャジャ~ン(笑)
あ?! ゼリーは私が入れました^_^;
未後食・休眠中との事でしたが・・・ ガッツリ食べてます^_^;
グランディスヒナカブト CBF1 ペア




DSC_1432 (640x360)

う~ん 可愛いですね~
今夜、友人が引き取りに来ますが渡したくない~(笑)



では「虫部屋DIY」の壁紙も届きましたので格闘してきます(^^)/

※今回は記事の内容からしてコメ閉じです!
[ 2016/03/25 19:52 ] Spodistes グランディスコフキカブト(終) | TB(-) | CM(-)

虫部屋 DIY その14

やっとここまで(笑)


DSC_1407 (640x356)

幅木(床と壁の取り合いへ付ける)などを取り付けました。
木工用ボンド+細いビス止めです。




DSC_1409 (640x360)

掃除をして終了!




DSC_1411 (640x354)

天井部分も完成!
廻縁(天井と壁の取り合いへ付ける)なども取り付けました。
木工用ボンド+細いビス止めです。



あとは壁紙だ^_^;
通販で初心者用ののり付きの商品を注文しなければ。

それと知り合いの電気工事屋さんの日程を押さえなければ。

虫部屋 DIY その13

早朝からフローリングなどの材料を買い出しに行きました。
近所のホームセンターは6:30から開いてるので助かります。


気分良く作業を開始!

DSC_1395 (640x360)


DSC_1396 (640x360)

あっと言う間に半分(1坪)が終わり「今日は捗りそうだ!」と思ったとたん、来客が多く日中に進んだのはここまで。


夕方から仕事があり片付いたのが夜の9時頃でした。
さっさと食事を済ませ虫部屋作業の続きを!

DSC_1400 (640x360)


DSC_1398 (640x360)

結局、今日は床のフローリングが完成しただけです^_^;
言わないと解らない所を一か所失敗しましたが、初めてだし良しとします(笑)


残りの段取りは
①壁紙(クロス)の注文と施工
②電気器具とエアコン下地の取り付け
③電気屋さんへ電気回路増設工事の依頼
④エアコンの購入

DIYとしては①②あたりまでですね。
①の壁紙を貼るまでに細かな部分の仕上げが残ってます。断熱などには影響なく見た目の部分なので拘る必要は無いのですが、綺麗な方が良いですし。 適当に妥協します!(笑)


3月も残り僅かですね。頑張らねば!

グランディスヒナ 孵化

やっとグランディスヒナカブトの1頭目の孵化を確認できました(^^)/
モヤっとした気持ちが少しだけ晴れました(笑)

DSC_1389 (640x359)

産卵期間は3/3~7日、13日採卵分です。
孵化したのはWF2♂×WF2♀(同血統)→F3世代の幼虫です。


今回の親虫は頂きものの個体では無く、追加で購入させて頂いたWF2♀単と「おまけ」で頂いた小さな♂になります。
整理しますと我家はWF1♂とWF2♂・WF2♀が2頭の2♂2♀体制となっております。


盤石の布陣で2月終わり(殆ど3月初め)から産卵セットし、恥ずかしながらやっと1頭の幼虫を見ることが出来ました(笑)
教訓:グランディスの採卵は産卵セット解除から1週間程度放置してから!
このあとどの程度巻き返せるのか・・・ 虫の生命力に期待します(^^)


その筋の方のお話では、グランディスは200卵・ムニスゼッチは100卵ぐらいは採れるらしいです^_^;
いつかそんな領域へ達したいものですね! 飼育しきれませんが(笑)

虫部屋 DIY その12

タイトルの「虫部屋 DIY」、怠けていた訳ではありませんでした。
やっと少し時間が作れるようになってきましたので再開します!

だって遅くとも4月には種親(オオクワガタ)を起こさないと計画どおりにいきませんので^_^;


前回までの室内の状況はこちら

DSC_1158 (640x360)

石膏ボードの継ぎ目やビスのところにパテを塗り終えたところまででした。

その後2か月間作業時間は作れず、全く進んでいません。




本日の作業

DSC_1353 (640x351)

パテを削って平らにする作業をしました。
上記画像は作業前のビス部分にパテを塗った状態です。




これを削って

DSC_1354 (640x349)

平らに削るとこんな感じです。
研磨用の180番のペーパーを平らな木片に巻きつけてコシコシ!
ある程度は覚悟してましたが凄い沢山の粉埃が出ます^_^;



そして全体を

DSC_1359 (640x353)

3時間ほどかけて全体が終わりました。




作業後の足元は

DSC_1360 (640x360)

掃除をして本日の作業は終了としました。


明日には内装仕上げの為の材料やフローリングなどを買い出しに行きたいと思います。
コメント頂くほどの進捗状況では無いのでコメ閉じにて失礼します(笑)

[ 2016/03/19 23:31 ] 飼育環境 虫部屋DIY 1~15(完) | TB(-) | CM(-)

ムニスゼッチコフキ 孵化

ムニスゼッチコフキカブトの卵が無事に孵化しました(^-^)


お試し産卵で採卵した卵(1個)、2月25~26日に産卵されたもので16~17日で孵化した事になります。
マット食べれるかな・・・ 落ちないでくれ!

IMG_7007 (640x480)

プリンカップ越しの写真です。
その後の産卵セットの卵も幼虫が透けて見えているので、続々と孵化してくると思います。


以上、ムニスは順調です!





グランディスは前回採卵分は全滅しそうな感じです、ヴォグティ(ボグティ)も怪しい感じです^_^;
今回からグランディスは産卵セット解除から1週間~10日後に採卵してみます。
(ムニスゼッチの孵化日数を参考にしました)

ヴォグティは産卵セットのケース底に卵が1個だけ見えていますので、採卵せずに経過を見守りたいと思います!

懐かしのパプキン

今は使っていないパソコンのデータを整理してると懐かしいパプキンの画像が残っていました。

カブトムシの採卵を我慢してまして更新する記事もないし、またパソコンのデータも消したいので一部ブログに載せておきます。


全て2010年頃の羽化個体だったように思います。



グラデーション系

20100417 005 (640x480)

20101014 043 (640x480)

綺麗な系統でした、表面と奥の色の違いが見る角度で微妙に変化しました。





ブラック系

20100407 003 (640x480)

201004070001 (640x480)

20100407 005 (640x480)

3頭とも同系統です、黒~紫の振れ幅でした。
真っ黒を目指してましたが・・・ 綺麗く無くなっていくように思いましたね^_^;





レッド系

120100407 001 (640x480)

うん、赤色です(笑)





レッドアイ

20100422 007 (640x480)

発色の追及、レッドアイの固定など血が濃くなると産みが悪かった記憶があります。


ブルー系も目指して累代しました。
青っぽい♂は作れましたが「真っ青」までは到達せず断念しました。



近頃は青い♂がオークションで入手出来るように伺ってます。
パプキンは累代が早く、真剣に飼育するとかなり忙しくなります(笑)
でも、いつか機会があればまた飼育してみたいと思います(^^)

以上、懐かしい思い出の個体の紹介でした。
[ 2016/03/11 19:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)