途中経過~産卵セット

お久しぶりです、こんばんは(^^)/
元気にはしておりますが皆さまのブログへも伺えずに申し訳ございません。
来月中には多少落ち着くかと思います、ご理解のほど何卒宜しくお願いします。


さて現在の状況は、19ラインのうち幼虫が孵化してきているのは6ライン、再ペアリングや産卵セットの内容変更の対策で大丈夫そうな卵を確認しているのは11ライン、産んでいない残る2ラインはYG15とSG1でして両ラインとも我家で強制早期羽化した♀です。 同じく強制早期羽化のSG2は幼虫まで確認できてますので、諦めずに6月中旬までは足掻いてみます。 産卵ペースの早い爆産しそうな♀は既にセットを解除して全体頭数の調整をしております。 


来月下旬頃には、もっと具体な内容をご報告出来ればと思っております。
ではまた、暫くの間お別れとなりますが記憶の片隅には残しておいてくださいませ(^^)

※お返しできないので今回はコメ閉じにて失礼します
スポンサーサイト

孵化確認

DSC_1713 (640x360)
5月5日付、お試し産卵から割出した卵が無事に孵化してきました。 3卵から昨日と今日に2頭、残り1卵を見守っているところです。 これでAライン(Gullさん1432♂)の種が確認できました(^^)

過去ブリード歴としては比較的幸運に恵まれてきたと自分では思っていますが、肝心な(高額な)虫の♂の種無しやペアリング中に♀が・・・ という経験も豊富です。 今回もYG♂1頭ぐらいは種無しを覚悟していましたが3♂とも種ありでした、これで全ラインから幼虫を得れる等と甘くは考えていませんが、ブリードのステージに立つことが出来そうで本当に有り難いことです。 


昨日までに全ての♀を産卵セットへ入れました、既に半数程のセットは卵が確認出来ています。 こう書くと順調の様ですが私からしますと産卵を確認できていない残り半数の方が気になります。 全く駄目そうなのは明日ぐらいから再ペアリングするつもりです。 

オオクワガタブリードには肝心な時期、また本業の繁忙期と重なってまして、皆さま方のブログへの訪問やコメントが出来ておりません。 7月になれば少しは時間的余裕が作れると思いますので宜しくお願いします(^^)

開始~産卵セット

今夜から4♀だけ産卵セットへ投入しました、いよいよ開始です(^^)
週末14~15日には残りの殆どの♀を産卵セットへ投入します。  思惑が有りまして予定よりも少し早い仕掛けになっております。

ペアリングは終盤、AラインとBラインは6♀目の同居中です。



DSC_1707 (640x352)

画像はグリードSL産卵ケース、穿孔のきっかけに隅の部分に穴をあけ転倒防止に水苔、中心部分の金属(ボルト)は一応マニュアル通りに。 ゼリーは入れてません、3日程経ったら入れます。

余談ですがグリードSLの匂い、以前のグリード… 正確には「グリード08」だったか? に比べると優しいもんですが同系の匂いで懐かしかったです。

2016年6月15日追記
グリードSL産卵セットへの水苔の使用について、加水して使用した為かカビの原因になりました。
幼虫が★になったりはしておりませんがこれは失策です^_^;

ペアリング一覧

ご心配をお掛けしましたが当方Aライン(Gullさん1432♂ライン)から幼虫が1頭孵化してまいりました。
Bライン・Dラインの孵化は未だですがこちらもきっと大丈夫だと思います。


YG♂3頭の種は大丈夫そうなので、ここでペアリングの組み合わせを載せておきます。
番号はペアリング~産卵用でして幼虫の管理番号は変わります。


Aライン
♂85.5㎜ Gull氏ブリード(1432)
同腹88.3㎜ 87.5㎜


管理番号:YG1
♀54.0㎜ Gull氏ブリード(1403)
同腹87.0㎜ 86.0㎜

管理番号:YG2
♀56.0㎜ Gull氏ブリード(1409)
同腹88.4㎜ ※89.9B

管理番号:YG3
♀55.0㎜ とも氏ブリード(14年860506)
同腹87.0㎜

管理番号:YG4
♀54.0㎜ とも氏ブリード(14年855540) 
同腹85.5㎜ ※88.1B

管理番号:YG5
♀52.5㎜ とも氏ブリード(15年855530) 
早期

管理番号:NOSE1
♀55.2㎜ 嶋原氏ブリード(SG血統) 
2015年準ギネス89.0㎜同腹



Bライン
♂85.0㎜ Gull氏ブリード(1407)
同腹87.5㎜ 87.0㎜


管理番号:YG6
♀55.0㎜ Gull氏ブリード(1422) 
同腹88.4㎜ 88.0㎜

管理番号:YG7
♀56.0㎜ Gull氏ブリード(1425)
同腹87.5㎜ 86.0㎜

管理番号:YG8
♀54.0㎜ 嶋原氏ブリード(YG血統)
同腹88.2㎜

管理番号:YG9
♀54.0㎜ とも氏ブリード
同腹86.0㎜ ※88.6B

管理番号:YG10
♀54.0㎜ とも氏ブリード(14年855540)
同腹86.7㎜

管理番号:YG11
♀53.5㎜ シナンジュ改氏ブリード(15年A2)
早期



Cライン 欠番



Dライン
♂84.3㎜ yasukong氏ブリード(1410)
同腹87.1㎜


管理番号:YG12
♀52.1㎜ yasukong氏ブリード(1405)
同腹87㎜台

管理番号:YG13
♀52.2㎜ yasukong氏ブリード(1414)
同腹87㎜台

管理番号:YG14
♀52.0㎜ kuwakobito氏ブリード(14G1)
同腹84.0㎜ 86.0B

管理番号:YG15
♀51.0㎜ YG1502-01 早期 
※団長氏より幼虫にて

管理番号:YG16
♀53.8㎜ タケセイヨウ氏ブリード(14YG-A1)
同腹85.1㎜ 貴重な866系インライン
※M’s&TSYコラボ



Eライン
♂85.4㎜ 嶋原氏ブリード(SG血統)
2015年準ギネス89.0㎜同腹


管理番号:SG1
♀54.5㎜ N1503-06 早期 
※嶋原氏より幼虫にて(同腹40gUP10頭超え)

管理番号:SG2
♀54.0㎜ N1503-08 早期 
※嶋原氏より幼虫にて(同腹40gUP10頭超え)


※誤りに気付いた場合は修正します。


以上、YG16ライン、SG2ライン、能勢産1ラインの合計19ラインの予定でペアリング中です。
SG♂は種の有無は確認しておりません、産まない♀や僅かですが早期♀も居ますのでライン数は減ると思います、15ライン×20頭の300頭飼育を目論んでおりますが結果はどうなる事でしょう。



DSC_1704 (640x352)
画像は本日届きましたSL産卵ケース20個、自家製産卵小ケース(オオヒラタケ菌・高添加2層構造)5個です。

ムニスゼッチ 採卵

ムニスゼッチと言いましてもムニスゼッチヘラヅノカブトの採卵です(^-^)/


結果・・・
DSC_1693 (640x360)
産卵セットの期間は10日間、温度は約25℃。
画像では20卵ですが、後から1卵発見しまして今回は21卵も採卵できました(^^)
我家には2ペアおりまして、その内のAラインと名付けたペアから採れました。
この種は殆どの卵が無事に孵化するみたいなので安心です。


前回に採卵しました12卵、内訳はAライン=11卵・Bライン=1卵でして、無事に孵化したのはAラインから10頭でした。現在孵化した幼虫は120ccプリカ(ギネスマット)で管理しております。


今回の産卵セットの仕様は、マットについては前回Aラインに使ったものをBラインに、前回Bラインに使ったものをAラインにと入れ替えております。 これは2種類のマットの優位性を判断したかったからです。 
マットの湿り具合は、前回Aラインと同様を目指しました。 実際には極一般的なカブトマットの湿り具合です、因みに前回Bラインは沢山加水しました(笑)
詰め方は、中ケース6分目あたりまでハンドプレスを使いトントンと軽く詰め、フワッと3㎝ほどマットを被せ転倒防止に加水した水苔を入れて完成です。



Aラインについてはそこそこ産んでくれてるので、マットの湿り具合と詰め方は大きくは外れてないと思うんですが。
マット2種類の優位性は初産と2回目の違いもありますのでハッキリとした事は言い切れませんがどちらのマットでも産みましたね(笑)
参考までに前回11卵のマットはホビー倶楽部さんのカブト産卵マットとブリダーズカンパニーさんの微粒子ヒメカブマットを篩にかけ半分ずつ混ぜたものです。 今回21卵のマットは近所の昆虫ショップさんの廃菌マットを食したヘラクレス幼虫の糞を同じくショップさんの生ゴミ処理機で回してもらい篩にかけたオリジナル?微粒子マットです(笑) いやマジで!



ところでお気づきかと思いますが、Bラインペアは何をしているのでしょうか。 色恋だけを楽しまれても困ります食事代ぐらい収めてください^_^;
Aラインペアは2度の産卵で10頭の幼虫と21卵、Bラインペアは1個の無精卵。  Aラインペアは即次のセットへ引っ越ししてもらいましたが、Bラインペアは同居で再再?ペアリング中です。 

カブトムシも種なしってあるのだろうか? ♂をチェンジした方が良いのかな・・・。

ホッとしました~お試し産卵

4月26日から開始しました菌床でのお試し産卵、29~30日には3♀とも回収しました。
ケースの側面などから確認できているものは、Bライン(Gullさん1407♂系)とDライン(本家1410♂)です。どちらの卵も膨らんできてるので大丈夫かな?と思ってます。


さて今回のお試し産卵の目的はAライン(Gullさん1432♂)の交尾確認の為でした。 菌床産卵へは良い感じで潜っていたもののケースの外からは卵は確認できていません。 あの潜り方で産んでないとは考え難いのですが・・・。

悩みに悩み、再度産卵セットしました。 今回は材にて5月2日~今朝(3日間)まででした。



DSC_1672 (640x352)
良く齧ってると思います(^^)  齧って出来た空間で寝る♀がたまに居ますが、この齧り方は産卵モードに間違いないでしょう。

さて問題は卵ですね・・・





DSC_1674 (640x360)
空砲です(泣)  演出ではありませんよ、材を割ると空砲を3つほど発見しました、これ程齧ってこれ程空砲の♀・・・ このまま卵無しは非常に不味いパターンです。 長い事やってると色んな♂♀に遭遇してますので、このパターンは有精卵が1つでも見つからないと不味いです^_^;


頼むから、1個で良いから有精卵よ出てきてくれ!割り進めました。




DSC_1678 (640x360)
卵を見つけることが出来ました・・・ 良かった(^^)
もう少し割り進めますと更に2卵を発見できました、割出しはここまでにし材は保管することにします。



DSC_1686 (640x360)
割出せた3卵はこの状態で様子を見ていきます。 種有りでありますように・・・ ブドウは種なし・・・ スイカも最近は種なし・・・ オオクワ♂は種ありで(^^)/

除湿空気清浄機

梅雨に入り必要性を感じてからで良いやと思ってましたが、この手の商品は時期(季節)により価格変動することを知りまして少しでも購入しやすいうちにと思い切りました。
本当はダイキン製の除加湿空気清浄機が湿度管理も任せれるので良かったのですが、私には高級すぎて肌に合いませんでした・・・ (笑)


DSC_1667 (640x359)
シャープ CV-EF120-W
ネット通販での最安値は関東のショップさんでした。 送料も係るしなぁ~と閲覧しているとカメラの〇タムラさんは全国の店舗受け渡し可能で送料無料! しかも支払いは商品と引き換え!! 価格的には2番手ぐらい~良いじゃないか(^^)  決定しました。

近所の店舗で本日受け取ってきました。でも凄いな、2日の夕方に注文して昨日(4日)の夕方にはお渡し可能の連絡が店舗よりありました。家電量販店も大変ですね^_^;


こちらの商品、2月だと3,000円ほどお安く購入出来たようです、季節なので新機種が出るのかもですが虫には十二分です(^^)
加湿器はこれから夏場に安くなるのだろうか? 調べてみないと解りませんが。かと言って今に加湿器って買いにくいですよね。


試しに動かしてみました。
除湿&空気清浄のおまかせ運転、たまーに風が強くなりコンプレッサー音がするので除湿をしてくれてるようです。
音の大きさについては、私的には予想通りかな。フローリングに直置きすると響いて煩かったので100均の小さなカーペットを敷くと我慢できる飼育にも問題無さそうな音に落ち着きました。

問題は振動かな。カーペット越しでも僅かな微振動が床に伝わります。 内緒にしてましたが振動等を予防する目的で棚と床の間には振動吸収用のゴムを挟んでいますので、影響は無いと思いますがやはり原因は元から断ちたいので何れ対策します。
[ 2016/05/05 16:08 ] 飼育環境 ブリードルーム | TB(0) | CM(6)

グランディス マット交換

グランディスヒナカブトのマット交換をしました。
一体幾つの卵を割出しただろう・・・
そのうち何頭孵化したんだろう・・・ 6頭ぐらいだったろうか。


DSC_1663 (640x360)
3月下旬~4月上旬孵化の幼虫が3令になったので少し大きな容器へ入れ替えました。
実物を見るのは初めてでしたが、ほんとブツブツした幼虫でした(笑)
 
孵化後は120ccプリカ、マットはUマットとギネスマットを混ぜたものでした。
6頭のうち1頭★、5頭は元気な3令幼虫になってました。 250ccプリカの9分目辺りまで新しいマットを入れ、残りは元々のマットを入れました。 環境変化で拒食になりませんように!



後は羽化を待つのみ! と思い込んでます(笑)

ヨツボシヒナカブト孵化

休眠期間の長いヨツボシヒナカブト、お試し産卵の卵が孵化しました。


DSC_1656 (640x361)
写真が不鮮明で申し訳ないです。
4/8~9に産み落とされた卵が本日孵化しました、まだ頭も白い状態です。
産卵から24~25日で孵化したことになります、他との兼ね合いもあり約26℃管理下です。

マットはどれを使ったのか控えてくるのを忘れちゃいました、ごめんなさい。
次までに見ておきます(笑)





それと突然こんなものが生えてきました!!

DSC_1654 (640x353)
保管中のグランディスヒナカブトの産卵セットです。
採卵が下手なのでしょう、上手く孵化しないのでセットのまま保管していましたが立派なキノコ?が生えてきて驚きました!!


このセットのマットはNマットと山土(自己採集の山の腐葉土)の混合マットでした。


Nマットは名の通ったマットなので恐らく原因は山土だと思います。 
でもこの山土の処理方法は・・・
山で採集→適湿まで天日乾燥→篩かけ→冷凍処理1週間。


それでも生えてくるんですね(笑)
キノコ=菌って強いんだ~と勉強になりました。