借りものからの~スタート?

この格好良さ、今ならわかる!(笑)
数年前はなんとも思わなかったんですが、渋いですね~格好良いですね~





IMG_7184 (640x640)
学名:Dorcus curvidens
産地:ブータン サムチ州ドロカ
累代: 凄い! 今度尋ねておきます(笑)



実は借りもの・・・
わたくし事ですが秘かに♀だけ持ってたのです(笑)
♂を手に入れることが出来ずに困っていたら、行きつけのショップの常連さんが即ブリの♂77㎜を4日間貸してくださいました。 

手持ちの♀は夏羽化としか聞いておらず、でもゼリーは食べるので早速同居でペアリングしました。



翌日、なにか変だ?  ♂♀とも寝ている気がする。 ブリードルームの室温は約24℃です。
ネットで調べると・・・ なんだって?! ペアリングと産卵はオオクワと同じ~少し高めらしい!



てっきり低温種だから24℃ぐらいで丁度良いだろうと(笑)
早速、26~27℃の簡易温室でペアリングを続行しました。




交尾は確認していませんが、4日目… レンタルビデオでは無いですが返却日がきました^_^;
やっと今日ぐらいから活発に動き出したのに残念ですが約束なのでお礼を述べお返しました。



駄目もとで産卵セットし1週間ほど経ったのでしょうか。 諦めてたのでセット開始の日付も書いてませんでした。
今日、諦めモードでケースを見ると











齧ってる~
DSC_2346 (640x360)
齧ってます!!
バラバラ気味なので産んでないかも?
でもヤル気にはなってくれてます… よね?

ところで記憶から消えてるのですが、クルビの材って、少し硬目?少し柔らか目? どっちでした?(爆)



この齧りかたからすると、もう少し硬目が良かったのかな?




ところで、停電中だとかでお電話くださったクワ友さん!
クルビ、これでしょ? 違いました?
私は10頭ほど(9♂1♀を希望)で満腹なので確保できたら飛ばしますね(爆)









それと・・・



DSC_2355 (640x640)
クルビssp
今はババクルビデンスって言うのですか?
ダラット産のです。



これは以前も飼育した事があります。
すんごく安くなりましたね、当時と桁が全く違います(笑)




こちらは使用済み♀を貰いました。
貰いもの… 借りもの… だらけです。



ほんの少しだけですが齧ってくれたので、産む気はあるのかな?
材が気に入らないのかな?
産むのが早いか、カビるのが早いか勝負です!
大抵こんな場合は後者ですね。

でもちょっぴり期待しちゃいます(^^)/
スポンサーサイト
[ 2016/10/25 19:51 ] Dorcus クルビデンス | TB(0) | CM(14)

産卵セット割り出し~ヨルゲンセン

ヨルゲンセン ペーニャの産卵セットを割出しました。



採卵しないとの誓いをちゃんと守ったでしょ? 
まあ、仕事が忙しくてそれどころじゃ無かっただけというのは秘密です(笑)




実際には昨晩の作業です、ボグティのあと我慢出来る訳ないです。




DSC_2343 (640x360)
ん? ケースの底から見えていた卵の様子が変です… メガネをかけて良~く見ると腐ってます(泣)








DSC_2345 (640x640)
割ってみると幼虫が居ました! でも卵(左側)が1個腐ってます^_^;




ずーっとこんな事の繰り返しでした、結果は…









DSC_2352 (640x360)
初令幼虫9頭






DSC_2346 (640x640)
卵が5個、膨らんではいますが孵化しなさそうなのもあります^_^;







因みにセット内で腐っていた卵は15個ほどだったと思います。
う~ん、なんだかな。


産卵期間:9/16~22 6日間
セット内容:コバシャ中ケース、月夜野完熟マットを篩にかけ底から5cmほどは軽く詰めた、上3cmほどはフワッと。


24~25℃管理にて10/19割り出し、初令幼虫9頭・卵5個でした。
20頭ほどは採りたいので親♀に頑張ってもらいたいですね~






親♂は両後足のフセツも切れてますが何とか生きています。
親♀は4回目の産卵セット中です… 沢山産んでください!






最後に元気なころの親♂の雄姿を
IMG_7145 (640x480)
学名:Megasoma joergenseni penyai
和名:ヨルゲンセン・ペーニャ
産地:パラグアイ マリスカル・エスティガリビア
累代:WF5

産卵セット割り出し

ボグティヒメゾウカブトの産卵セット
水分が多過ぎたのか菌?でしょうか嫌な感じになってきました。


明らかに幼虫がゴロゴロ見えてから割出すつもりでしたが、菌やらカビやらが蔓延するのが嫌なので本日決行。


DSC_2336 (640x360)
3頭見えてますね!

ほら、発酵マットに白いのが見えるでしょ? あれです。
ケース越しに発見した時は少し黄色っぽい嫌な感じだったのですが、水分を飛ばすようにしたら少しマシになりました。







DSC_2339 (640x360)
出だしは良い感じです!






DSC_2341 (640x359)
結果は・・・


産卵期間:9/18~24 6日間
セット内容:コバシャ中ケース、月夜野完熟マットを篩にかけ底から5cmほどは軽く詰めた、上3cmほどはフワッと。


24~25℃管理にて10/19割り出し、初令幼虫24頭でした(^^)/
卵は無く割り出しのタイミングはバッチリだったようです。



こんなに産んでくれてるとは思ってなく、マットやプリカが準備不足(笑)
一先ずは、コバシャ小ケースにドサッと移しました。
自己飼育に20頭は欲しいと思ってたので目標を達成&リベンジ出来て嬉しいです(^^)



親♂は1週間ほど前に落ちました、羽化から約2ヶ月の命でした。 
親♀は産卵セット中です… 既に4セット目… 産んで欲しいけどもう産まなくていい(汗)






最後に今は亡き親♂の雄姿を
IMG_7118 (640x480)
学名:Megasoma vogti
和名:ボグティヒメゾウカブト
産地:メキシコ ヌエボ・レオン州モンテレイ
累代:CBF1
[ 2016/10/19 18:44 ] Megasoma ボグティ | TB(0) | CM(6)

2本目交換終了しました

オオクワガタの菌糸ボトル2本目への交換が終了しました。


思わぬ誤算と言いましょうか、40g台が5頭も出るなど期待以上に体重がのっていたことに驚きましたし良かった事でした。 また♂に少し偏ってくれたのも嬉しいです(^^) 


反省点もあります、実は40gアップは8頭出ていたのですが糞をとったり写真に手間取ったのが原因だと思います、潜れず亡くなっていくのが3頭も・・・ 悲し過ぎて管理表にも載せていません。 


次回から写真撮影の機会があったら(無かったら困りますが) 主な幼虫だけにしようと思います。




では今日の1頭です




能勢YG血統
DSC_2327 (640x640)
5番(1605-06) ♂855(Gullさん1432)×♀525(ともさん15年855530早期)

菌糸は神長さんのS8からです。




さて、ここからの管理はいつもと同じです… 

というものが私には確立できてなくて、このブリードルームも1年目です。


ここから羽化までの管理などに1週間程悩むことにします。 そして早く菌糸を予約しなくっちゃ。

補強~♀

こんばんは。

♀の補強個体が届きましたのでご紹介します。



IMG_7151 (640x639)

トシクワ氏15年6番(NYG15-601) ♀55.2mm
ブログでの羽化報告記事を拝見したときから、ずーっと気になっていたラインでした。 同腹♂86.2mmは最終交換時33.8gからの羽化で、♂85.8mmは同じく31.0gからの羽化という凄い還元率。 トシクワさんの飼育技術により最終ボトルでも喰えたのだと思いますが、是非とも飼育してみたいと思ってました。







IMG_7164 (640x640)

凄く綺麗なお嬢さんです(^^)







DSC_2311 (640x352)

飼育ケースへ移動、来年までゆっくりしてもらいます。





トシクワさん、この度は貴重な♀をお譲りくださいまして感謝しております、有難う御座います。 間違いなく来シーズン活躍してくれると期待しております、お婿さん選び頑張ります!

また縁結びの神様タケセイヨウさん、この場をお借りしまして御礼申し上げます(^^)/

こんな色でした…

こんばんは(^^)/

先日羽化したヨツボシヒナカブト、人口蛹室(ティッシュね)からカブトマットへ移しました。


楽しみにしていた色ですが… なんかね、普通でした(笑)





DSC_2297 (640x361)

う~ん普通だが、完品だし良いや!
数えてないけど30頭は幼虫が居てると思います、早く羽化して欲しいですね~(^^)

冷え込みに備えて

今夜から冷え込むとの予報がでており、昨晩のことですが暖房の準備をしました。


本格的な冬になればエアコンの暖房設定で良いだろうと思ってますが、この季節は日中は冷房、夜間は暖房が必要な日も出てきます。 態々購入するのも勿体ないので子供が小さい頃に使っていたオイルヒーターを引っ張り出してきました。







DSC_2276 (640x640)

え~と、うえの娘が高3になってますので18年前に購入したもので、この10年間は保管していただけなので見た目は凄く綺麗… 美品です(^^)





重たいオイルヒーターをブリードルームに運び込んでから「ん? ちゃんと動くの?」と… 
馬鹿ですね、試してから運べば良いのに(笑)






DSC_2285 (640x640)

おぉ~! 電源は入りますしちゃんと暖かくなりました(^^)







DSC_2286 (640x640)

ニューマリンズ・サーモのヒーター側のコンセントへオイルヒーターを繋ぎました。
割と大きなヒーター(最大1200W)でして、設定温度到達後のオーバーランも避けたいので、一番弱い運転(400W)に設定しました。


ホントに便利な凄いサーモだ!



それと部屋の場所(棚)による温度差の件ですが、よ~く調べてみるとメタルラックの一番下の棚以外は温度差0.5℃以内におさまってました。 


一番下の棚は床から20cmほどの高さなので冷え過ぎちゃうみたい、菌糸ボトルは置かないようにすれば良いっかと思うようにします(^^)/
[ 2016/10/06 19:55 ] 飼育環境 ブリードルーム | TB(0) | CM(8)

菌糸ボトル切れです

今夜から台風の影響で雨風がとのことで早くに帰宅しました。


思わぬ時間が出来たので♂幼虫を15頭交換しまして、今日の1頭です。



能勢YG血統
DSC_2273 (640x640)
5番(1605-05) ♂855(Gullさん1432)×♀525(ともさん15年855530早期)

菌糸は神長さんのS8からです、今日のプリンカップはいつものより小さいので違った感じに見えますね。
こちらの早期♀(親♀のこと)、悩んで悩んでこのラインに決めさせて頂いたので良いのが出て良かったです(^^)


これにて♂用のS系ボトルの手持ちが無くなりました、レビンGのPP1400が10本だったか余っちゃいました。
来週には届きますので残りを一気に片づけたいと思ってます!



明日の夜からでしたか、気温が下がるような事を言ってましたので今からゴソゴソしてきます(笑)
ご訪問くださいましてありがとう御座います(^^)v

これ… 凄いですね

ニューマリンズ・サーモ での温度管理、凄い!感動しました(^^)

オオクワブリーダーの皆さん、こんなの使われてたんですね。 反則です(笑)

DSC_2257 (640x640)


6月~9月まではエアコンの冷房設定で温度管理してきました、と言ってもブレブレね(笑) 
10月にはいってからエアコンの温度制御では狙う温度からかけ離れることも。 冬に必要かなと準備はしていたニューマリンズ・サーモで温度制御するようにしました。


う~ん、凄い!!
実は初めて使いました。 10年前もあったと記憶してますが高価で買う気になれませんでした(笑)


サーモに接続後は設定温度~+0.7℃で狙った温度の±0.5℃いとも簡単に制御できています、もっとブレないように設定も出来ますが今はこれで充分かなと思ってますがどうでしょう。 

それより部屋(棚)の場所によって0.9℃ほどの温度差がありますので菌糸を乾燥させず刺激を与えずに温度差を無くす工夫が先決かなと思います。 出来るかな… これ難しそう。 皆さんどうなさってるんだろう。

【2016/10/04 追記訂正】
[ 2016/10/04 20:40 ] 飼育環境 ブリードルーム | TB(0) | CM(10)

羽化してます!

ムニスゼッチコフキカブトが羽化しました・・・ 随分前に(笑)
前回、蛹でご紹介したペアが無事に羽化しまして

DSC_2252 (640x640)
ピンボケですみません^_^;

♀は産卵セット中です(笑)
♂だけ撮影の為、ご登場いただきました!

ブリードする気は無かったんですけど、WF1ペアからの羽化個体なので何となく・・・^_^;
採れるかどうかわかりませんが、10頭ほどだけなら良いかな?と。

※記事を連投するのでコメ閉じにて失礼します(^^)
[ 2016/10/04 20:03 ] Spodistes ムニスゼッチコフキカブト(終) | TB(-) | CM(-)