今度こそギネス超え~ ゲルツルード

昨晩に続き、今夜はゲルツルード(ガートルード)ノコの羽化個体!
ビー・クワギネスサイズは67ミリとの事なのでギネス更新を目指して飼育してきました、いやホンマに(^^)




バヤニー同様、初飼育種なので温度に菌糸に水分に詰め具合に… 色々と試しまして、その中から2頭だけデカいのが出ました。今夜はそのうちの1頭をご紹介します!









な、な、なんと!!









MOV_2804_000129 (640x480)
ギネスは超えましたが… そう、0.5ミリ上回ってないので残念賞(泣)
上の計測画像を見直してみると、上翅を押し過ぎてるようにも見えますが親バカでしょうか? 明日にでもこっそり測り直してみよ!(笑)




MOV_2804_000207 (640x480)
ピンボケですみません、上と同じ個体です。

赤みが残ってる様に見えますが、デカくなると真っ黒に成らないようです。親虫は50ミリ有ったか無かったかぐらいだったと思いますが、やはり真っ黒では無かったのでこれで固まってるのだと思います。



幼虫をデカくする手立ては解ったので次世代で更にと言いたいのですが、わたくし基本的に2シーズン目は気合が入らず幼虫すら採れないことが多いので、ここはじっくり考えます(笑)


もう1頭はもしかすると… もしかするので公表しません(^^)/


2017年9月10日追記
もう1頭はもしかしませんでした、♂67.4ミリでしてギネスは超えましたが、現ギネスの0.5ミリ更新に0.1ミリ足らず申請を見送りました。凄く凄く残念です。
スポンサーサイト
[ 2017/08/31 21:28 ] Prosopocoilus ゲルツルード | TB(0) | CM(4)

ギネスに届きませんでした~ バヤニー

こんな虫と思われる方が大半なのかもですが、菌糸のブレンド・水分・詰め具合・温度など手探りではありますが真剣に飼育してきただけに、レコード(ギネス)に届かず凹んでます。




MOV_2803_000102 (640x479)
私の飼育するバヤニーノコは、以前はラテラリス・フランシスと読んでいたと伺ってて、そうだとしたらギネス個体は59.5ミリの様でして… 悔しいですが届きませんでした。



もう1頭、同等サイズが羽化して居るのですが、そちらは8月中旬羽化で固まって無いですし大きく上回ってることも無さそうです。




でも、前回記事でも載せましたがうちの個体はギネス個体と歯型が違う? うちのは中歯? 大歯になると60ミリを超えれる?



ギネス個体↓
DSC_0873 (640x481)
バブヤン諸島カラヤン島産F4


ビー・クワ62号「フィリピンのクワガタ大特集!!」によると(P.11下)、上翅の黒帯が消失するのが特徴とある。うちの羽化個体は全ての♂に黒帯は全く無いがギネス個体は… ??


うちのはバブヤン諸島バブヤン島産F2で地図で見ると隣の島、そのあたりも含め「詳細不明」なのだろうか。


いや~しかし、ギネスを超えるって大変な事ですね、私の戯言に最後までお付き合いくださり感謝申し上げます(^^)/


2017年9月10日追記
最後の1頭が羽化しましたが、♂59.3ミリとギネスに届きませんでした。
[ 2017/08/30 23:19 ] Prosopocoilus バヤニー | TB(0) | CM(0)

カッコいい!~ クルビ

ずーと欲しかった「ガントク産」のクルビデンス、やっと入手出来ました(^^)


う~ん、カッコいい!




DSC_2761 (640x479)
昨年のWDからのF1個体です。初令幼虫で出品されてた頃からずーと頑張ってたのですがご縁がなく、今回も半ば諦めてたのですが以外や以外、手元に届きました(^^)

78ミリって事でしたが、測ってみると79は超えてました。


出品画像よりカッコいいし オッサンがニコニコして 大満足です、来年の楽しみがまた増えました(^^)/

補強~ 最後かな

今期最終の補強個体のご紹介です。
これからの時期は本業が忙しいので証明書だけで失礼します。


DSC_2753 (640x640)
※ライン詳細は凄すぎるので割愛いたします。




不甲斐ない自分に喝!


一旦は踏みとどまったのですが沸々とした結果、思い切りました。




凄い個体を譲って頂け来春が待ち遠しいです、ともさん色々と有難う御座いました(^^)/



今は共同補強個体も居ますし… 私のすべき事はきっちりと成虫管理すること。

お恥ずかしながら~ クルビデンス

今期はクルビデンスを2産地ブリードしてまして、今日はアルナーチャル・プラデーシュ州、ロアー・スバンシリ産の幼虫を1本目ボトルへ入れました!


8月1日に割出し120菌糸プリカで本日まで管理、予定どおり全頭2令になってました。




お恥ずかしながら、全頭=たった3頭なんです^_^;
7/23~2週間セットして、卵はそれなりに産んでるのですが孵化しない。。。
当然ですが引き続きセットしてます!




DSC_2733 (640x480)
菌糸カップをパカッと割りまして♀幼虫を発見。





DSC_2735 (640x479)
800ボトルへ入れました、今期はレビンGで行ってみます!
詰める時間が無く既製品ボトル




DSC_2739 (640x480)
3頭なので、はい、終了(笑)



序でに別産地も作業しましたが、また明日にでも(^^)
あっ! 親虫の画像も載せて無かったですね、撮影しておきます。

作業の続き(ボーリン)をしてきます!

幸運は続く~ バミノルム

前置きは無しにして本題です。
幸運が続いてます~ 今日も2頭孵化しました!




DSC_2731 (640x479)
前回の記事で卵を10個採卵して嫌になって… 風な事を申し上げたと思います。
採卵した卵は5個ずつ2つのプリカにて管理してまして、昨日に2頭が孵化したのとは違う方のプリカから今日は1頭が孵化しました!
ん? 説明が解り難くてすみません~

採卵時にしっかり膨らんでいたのが昨日に孵化した2頭で、採卵後にグッと膨らんだのが今日に孵化した1頭というイメージです。残りの7個のうち膨らんでそうなのが2~3個、他も腐ったりは無いのですが微妙な感じで経過観察と言うところでしょうか。





そして、チャレンジ中の「材のまま放置プレイ」から




DSC_2732 (640x481)
※演出では御座いません。

試験のため早め(8/4)に取り出した材でして、産卵後の材と卵の経過観察のために簡単に割り出しのような事はしました、それが画像の削った部分です。と言っても産卵されている卵を確認した後は親♀が埋め戻したオガで元へ戻しまして、その後は3日間隔ぐらいにオガを取り除いて材(卵室)と卵の状態を確認、これを繰り返してきました。 間もなく孵化しそうなのは解っていたので実は昨日もチェックしましたが… まだ。 今日も念のため(見たいだけ!)、すると画像のとおりで「あれ? 卵が剥き出し?なんか昨日と違う…」 良~く見ると孵化してました(^^)



こんなに順調に と言っても未だ合計4頭ですが いくと思ってなかったのでブログには書いてませんでしたが、3♀でのブリードなのでA・B・Cとライン番号を割り振ってまして、採卵から孵化した3頭はAライン・材から孵化したのはBラインからと成ってます。報告出来るのはこれっきりかもですが(笑)


管理数がはっきりした時点で各ラインの詳細を記載しようと思います。


昨日にプリカへ移したド初令はマットの上を徘徊してます^_^;
昨日の今日なので喰えないのかもですが凄~く心配。
全滅したら… 怖すぎる。

孵化しました!~ バミノルム

ボーリン・バミノルムのブリード状況、成虫が1♂4♀・♀の前蛹が1頭とお伝えしておりました。

その後、♂は左前足のフセツは切れましたが、まだまだ元気にしております。4♀は後食の早い順にペアリング→産卵セットの流れで取り組んできましたが、産卵セット投入後に1♀だけ突然死しまして現在は3♀で産卵セット中です。前回には前蛹だった♀も無事に羽化してまして後食を待っている状態です。


うちの場合は中ケースに2本~4本(太さによる)の材で産卵セットしております、本当はもっと大きなケースで沢山の材を入れた方が管理面が楽(経済的には…)だと思いますが、スペースの関係から妥協してます。



産卵痕から判断ですが、使えるだろうと思った材にはどれでも万遍なく産んでるようです。しかしオオクワのように1本の材に爆産はし難いようで、ある程度産んだら違う材へ移動しているように感じます。そうなると新しい材(若しくは採卵した材)へどんどん変えてやらないと数は期待出来ない訳でやはり贅沢な虫な気がします。



3♀の状況はセット開始から2~3週間を迎えておりまして、産卵しているであろう取り出した材が結構な数になってきました。試しに1本だけ採卵しましたが途中で既に10卵を回収し5個のうち1個ぐらいの割合で膨らんでいましたので、ホッとしたのと割り出しが面倒になって途中で止めました。


私は採卵が苦手ですし(管理が下手くそ)、当初から材のままの孵化を目論んでおります。当然ですが材の状態には気を使ってます。という事で取り出した材は孵化するまで保管しますが一体どうなるだろう?



今日の本題はここからでして、採卵した卵から2頭だけですが孵化してました(^^)

DSC_2723 (638x640)
寄り過ぎの写真ですみません^_^;

昨日は卵だったので今日に孵化したようです、2頭だけ発酵マットを入れたプリカへ移しましたが適応してくれる事を祈るのみ!





そして遅ればせながら♂幼虫が1頭だけ蛹化しました。

DSC_2689 (640x480)
1週間は経ってないと思います、画像でもそうですが実際にも♂?♀?をハッキリと確認出来ません、多分♂でしょう(笑)


他には前蛹の♂が1頭、未だ幼虫で暴れん坊の♂が1頭、そんな現状となってます。


ダージリンの方は、スタートは良かったものの何か怪しい気がします。撃沈するような~
もっと手が掛けれたらどうにか出来ると思うのですが、まあ無理です。


もしオオクワを辞める事となって、それでも飼育を続けようと思えたなら、部屋の温度を合わせれるのでスペース的にも何の問題も無く、手は掛けれるしそれはそれで楽しいかも(^^)/

補強~ 第3便の弐

今回のご紹介はいつもお世話になっているGullさんからの補強個体です!


ただ、いつもと違うのは♀1頭だけと超ミニマムな(笑)

今年の羽化個体、また今期飼育中の幼虫達も殆どがGullさんに譲って頂いた親虫からなので、補強するなら離れた血と思ってたのと、自分自身もう少しマシな羽化状況を迎えれると過信していたので、深く考えていなかったというのが本音です。



鉄板補強とコメントを頂いたからじゃ無ですよ~
あなたね!そこのあなた~!
DSC_2679 (640x481)
※管理番号を♀の身体で隠そうとしたけど元気良すぎ(笑)


難しい考えで選んだのでは無いです。お願いしたのは確か掘り出しのショックで病んでいた頃、当たりライン(鉄板ね!)でブリードすると幼虫がデカくなりすぎるんじゃないか? 少し小さ目の幼虫が良いなどと甘い考えを持ってしまい、今思えばホントに病んでたかも(笑)
で、Gullさんの管理表から18番! しかも小さい♀でとお願いしたので御座いました。




その後… 諸々を経て…
やはりコレクターの血は騒ぎ




遂に!





Dorcus space 史上 最強の卑怯 補強があるのか?!





書いてる自分だけ楽しんでます(笑)

毎日暑いので疲れますね、私は外の仕事なのでヘトヘト(^^)

補強~ 第3便の壱

お盆も休みなく忙しく、ご紹介が遅れ~遅れに。


♀なので画像なしにて



DSC_2634 (640x479)番号消し

一昨年のブリード再開当初にお世話になりましたB団ともさんから補強させて頂きました。
♂898同腹の♀57ミリ、♂885・90B(龍さん羽化個体)同腹の♀54ミリの2頭です。

色々と我儘を… ともさん有難う御座いました、頑張ります(^^)/


そして今から沸々と… (笑)



毎年お世話になっているGullさんからも今年は1♀だけですが補強させて頂きまして、同じ日に届いておりますが此方はまたの機会に紹介させて頂きます。管理表を何処にしまったか見当たらないので探します(笑)


あとは♂をどうするか、自己ブリだけでいけるはずだが毎年の恒例だっただけに不安がつきまとう。単純に習慣病かも(笑)

ブリード開始~ ペーニャ

レア種、ヨルゲンセン・ペーニャ
うちのはF6世代です、兄弟姉妹には幼虫をしているのも半数ほど居ますが、早い個体が4ペアほどが揃って羽化してくれましたので今期もブリードを開始しました!




DSC_2555 (640x479)
写真は9日のものでして、本日より産卵セットへ移しました。
めっちゃ可愛いカブトムシなので、次の世代(F7世代)へ繋げたい(^^)/