上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2018年度 ペアリング予定

今日までが冬温度

私の場合は他種も飼育しているので、ブリードルームに全く入らないといった事は難しいです。
この冬に気付いたことは、光の影響って大きいんだな~と思うことがありました。
それと今年の冬は気温が低かったせいもあり、壁の断熱性能もですね。


壁4面・天井・床などを放射温度計で測定してみると、壁の1面だけが設定温度から1.5℃ほど低かったです、扉もでした。
4畳弱の部屋に対して14か所の測定データ上の温度差は±0.2℃なのですが、想像するにこの壁からの放射冷却が起きていたのかなと思います。 来冬はポリカプラダンを室内から貼ってみようかな。





話しは変って2018年度は3年目となります。 当初より自分で決めていた節目の年となりますので、温度が合わない飼育種は縮小若しくは撤退し全力で取り組みます。 まあ今までも全力には変わりないのですが(笑)



さて、タイトルの「2018年度 ペアリング予定」
毎年の事ですが悩みましたよ~^_^;


YGは15ライン、能勢産は2ラインの計17ラインの予定です。
使いたい♀は居てるのですが… 減らすのも勇気が要りますね。


2017年度は400頭越えスタートでして飼育自体は可能なのですが、菌糸ボトルの発菌スペースが十分にとれず既製ボトルに頼りました。 という事からスペース確保の意味で2016年度の300頭越え辺りが妥当かなと。 でも不安性でして産卵ステージでの優柔不断な行動から管理表公表時にはラインが増えている可能性は??(笑)



具体な組み合わせは此方ではご紹介しませんが、系統図のみ「オオクワガタ ブリードデータ」 2018年度・系統図1~17番へアップしました。 別に珍しいものは御座いませんが、お時間が御座いましたら覗いてやってください(^^)



明日から待ち遠しかった昇温です。
2本目のままの幼虫は3本目へ、また4本目への交換も数本は有りそうに思います。
今は期待してますが、交換後の現実はどちらへ向くか解りませんので、本日更新しました(笑)



それではお互いに頑張りましょう(^^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apm7.blog.fc2.com/tb.php/237-5bb50dd2